病気になりやすい性格がある!? 性格とストレスの関係性とは?

 In ブログ

電車が予定通りの時刻に到着しなくてイライラ!

 

「連絡します」と言っていたのに、メールも電話もない!

 

そんなストレスを感じていませんか?

 

 

同じ出来事が起こっても、ストレスを感じるかどうかは人それぞれ。

 

人によって性格が違うので当たり前なのですが・・・・・・

 

ストレスを感じやすく、病気になる確率が高くなる性格があるのです!

 

今回は、そんな性格とストレスの関係についてお伝えします。

 

 

 

・まずは自分の性格をチェック! 性格の3分類とは?

 

アメリカの医学者であるフリードマンとローゼンマンの研究です。

 

ストレスを溜めやすい性格かどうかがわかるので

 

どの性格の特徴にもっとも当てはまるかチェックしましょう!

 

 

《タイプA》

 

・目標を達成したいと強く感じる

 

・人に負けるのは嫌だ!

 

・野心家である

 

・「時間がない」といつも感じている

 

・せっかちでイライラしがちである

 

・他人の評価が気になる

 

・早口、歩くのが速い、早食いである

 

・イライラすると態度や言葉に出してしまう

 

 

 

《タイプB》

 

・仕事を抱え込みすぎない

 

・仕事だけでなくプライベートも大事にする(家族や趣味など)

 

・マイペースでのんびりしている

 

・他人の評価は気にならない

 

・競争は好きではない

 

・失敗しても引きずらない

 

・楽観的に考えることができる

 

 

《タイプC》

 

・自分より他人を優先することが多い

 

・ネガティブな感情を抱いても表に出さない

 

・真面目で几帳面な性格である

 

・自己主張をしない

 

・周囲に気を遣う

 

・我慢強いほうだと思う

 

・周囲の人からは「いい人」だと言われることが多い

 

 

 

・せっかちな人は病気になりやすい! 性格と病気の関係とは?

 

フリードマンらの調査では

 

タイプAの人はタイプBの人よりも

 

心臓疾患や高血圧になる危険性が

 

2倍も高かったと報告されています。

 

 

また、アメリカの心理学者テモショックは

 

タイプCはガンになりやすい性格だと言っています。

 

 

つまり、タイプAとタイプCはストレスを溜めやすく

 

それが病気のリスクを高めるということです。

 

 

・病気にならないストレスとの付き合い方

 

タイプAが病気になりやすいのは

 

向上心があり、仕事が好きであるために

 

疲労やストレスに気づかないまま

 

限界まで働いてしまうからです。

 

自分にも他人にも厳しいので

 

ストレスが溜まりやすい性格でもあります。

 

 

タイプCは周囲の人に気を遣う性格で

 

不満があっても我慢するので

 

ストレスを溜めてしまいます。

 

 

タイプAやタイプCの性格の人が

 

ストレスを溜めないようにするには

 

タイプBの性格のように

 

のんびりと楽観的に過ごすことが大切です。

 

無理に性格を変える必要はありませんが

 

心も体もストレスフリーに過ごすために

 

タイプBの要素を取り入れてみるのもいいかもしれません。


Recent Posts