コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス シェアオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス シェアオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
  • 友だち追加数
info@bluetas.com06-6131-7932 / FAX 06-6131-7934

クライアントとの関係強化に! バレンタインを気軽に活用する3つの方法

Home / ブログ / クライアントとの関係強化に! バレンタインを気軽に活用する3つの方法

2月14日は、バレンタインデーですね。

 

 

最近では、職場での義理チョコが廃止されたり

 

市場の規模がハロウィンに抜かれたりと

 

バレンタインデーの盛り上がりは

 

以前に比べると大人しくなったかもしれません。

 

 

一方で、自分へのご褒美として購入したり

 

友達同士で「友チョコ」を交換したり

 

また、男性から女性に「逆チョコ」を渡すというように

 

バリエーションが豊かになってきましたよね。

 

 

フリーランスで働いている場合は、

 

女性は、「義理チョコを配らなきゃ!」という面倒臭さや

 

男性は、「ホワイトデーにお返しをしないと」というプレッシャーから

 

解放されたという人が多いのではないかと思います。

 

 

ですが……

 

クライアントには義理チョコを渡すのではなく

 

あと少し関係を深めるための

 

コミュニケーションとして

 

バレンタインを活用してみませんか?

 

 

1.あなどれない! バラエティ豊かなコンビニチョコ

 

コンビニで手軽に買えるチョコレートや

 

チョコ系のお菓子は種類が豊富です。

 

 

デパートで買ったバレンタインチョコでは

 

気を使われてしまいそう……と感じるときは

 

コンビニで買えるお菓子をプレゼントしましょう。

 

仕事の合間につまめる物を選ぶのがポイントです。

 

 

カカオにこだわった流行りのタブレット型や

 

乳酸菌入りや糖質カットのチョコレートなど

 

会話のネタになりそうなものが◎。

 

 

2.みんなで食べる差し入れとして持っていく

 

打ち合わせでクライアントのオフィスを訪れるときは

 

お土産としてチョコレートやケーキを

 

持っていくのもおすすめです。

 

 

また、カフェなどで打ち合わせをする場合は

 

バレンタインにちなんだスイーツを注文するというように

 

バレンタインムードを楽しむのもいいですよね。

 

 

3.日頃の感謝を言葉に……メッセージチョコを贈る

 

パッケージにメッセージを書いて渡せる

 

チョコレートやビスケットなどを活用するのもおすすめです。

 

 

日頃の感謝の気持ちを手書きの文字で伝えることで

 

クライアントとの心の距離が縮まりますよ。

 

 

メッセージ欄がないチョコレートやお菓子を渡すときは

 

ひと言を添えたふせんを貼ればOK!

 

 

男性同士でも気軽に渡せるので

 

甘党のクライアントに喜ばれそうです。

 

 

バレンタインだから

 

チョコレートを送らないといけない

 

というわけではなく

 

「これからもよろしくお願いします」という

 

気持ちを伝えるきっかけとして

 

活用するのがおすすめです。

 

 

もちろん、

 

一緒に働いている人や

 

コワーキングスペースのメンバーに贈ったり

 

交換するのも楽しそうですよね!

 

 

クライアントや仕事仲間との

 

より良い人間関係を築くために

 

参考にしていただけるとうれしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - クライアントとの関係強化に! バレンタインを気軽に活用する3つの方法
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Digg
Share on reddit
Share on LinkedIn
Share on StumbleUpon
Share on GREE
LINEで送る
Pocket

Recent Posts
Translate »