コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス シェアオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス シェアオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
  • 友だち追加数
info@bluetas.com06-6131-7932 / FAX 06-6131-7934

クライアントを訪問するときの気になる汗対策

Home / ブログ / クライアントを訪問するときの気になる汗対策

夏の暑さで気になるのが汗です。

 

 

外に出てしばらく歩くと

 

どっと汗が噴き出しますよね。

 

 

 

フリーランスの場合

 

自宅やコワーキングスペースなどの

 

涼しい場所で仕事をしているときは問題ないですが

 

クライアントのオフィスで打ち合わせをするなど

 

仕事で外出をすることもありますよね?

 

そんなとき、汗が気になる・・・・・・という人もいると思います。

 

そこで今回は、クライアントを訪問するときの汗対策をご紹介します。

 

 

1.オフィスの近くの喫茶店を見つけておく

 

汗は動いている最中よりも

 

立ち止まったときに噴き出します。

 

 

なので、最寄り駅からしばらく歩いたり

 

自転車などで訪問する場合は

 

約束の時刻よりも早く到着して

 

汗がおさまるまで待つといいでしょう。

 

 

立ち止まったときは

 

冷房がきいている涼しい場所に行くと

 

汗がひきやすいので

 

クライアントのオフィスの近くの喫茶店などで

 

涼んでから行くのがおすすめです。

 

 

2.汗じみが目立たない素材の服を選ぶ

 

顔の汗はハンカチでふけばいいけれど・・・・・・

 

服に汗じみができて困った!

 

という経験はありませんか?

 

 

汗じみが目立つ服と目立たない服の違いは

 

素材と色にあります。

 

 

まず、汗じみが目立たない素材は化学繊維で

 

ポリエステル、ナイロン、レーヨンなどが代表的です。

 

 

色は、白と黒が特に目立ちにくく

 

原色やカーキ、グレーは目立ちやすいので要注意。

 

 

また、ストライプやボーダーは

 

汗じみが目立ちにくい柄なので

 

綿や麻などの化学繊維ではない素材の場合は

 

これらの柄を選ぶのがおすすめです。

 

 

3.制汗剤やシートを利用する

 

汗を抑える制汗剤を使ったり

 

ベタつきをスッキリさせるシートを持ち歩けば

 

気になったときに汗対策ができます。

 

 

また、靴のにおいが気になるときは

 

あらかじめ消臭スプレーをふっておいたり

 

抗菌・消臭効果のあるインナーを着るなど

 

汗をかく前に対策をとるのもいいでしょう。

 

 

4.運動不足解消が汗のにおい対策になる!

 

あまり活動的ではない生活を送っていると

 

汗腺の機能が衰えてしまい

 

汗の雑菌が繁殖しやすくなります。

 

 

なので、汗のにおいが気になるなら

 

ウォーキングなどの有酸素運動をしたり

 

岩盤浴や半身浴などで汗をかいて

 

汗腺を活発化させるといいですよ。

 

 

日頃の運動不足も解消され、

 

汗をかくことでリフレッシュもできます。

 

 

 

いかがでしたか?

 

この季節は、誰でも汗をかくものです。

 

事前に汗対策をしていれば

 

それほど気にならなくなりそうですよね。

 

この記事が少しでもお役に立つとうれしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - クライアントを訪問するときの気になる汗対策
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Digg
Share on reddit
Share on LinkedIn
Share on StumbleUpon
Share on GREE
LINEで送る
Pocket

Recent Posts
Translate »