コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス シェアオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス シェアオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
  • 友だち追加数
info@bluetas.com06-6131-7932 / FAX 06-6131-7934

仕事を前倒しする人と先延ばしにする人、仕事がデキるのはどっち!?

Home / ブログ / 仕事を前倒しする人と先延ばしにする人、仕事がデキるのはどっち!?

フリーランスで仕事をしていると

時間の使い方は自由ですよね。

 

締め切りまでに時間がある場合

仕事を前倒しにして取り組む人もいれば

締め切り前に集中して取り組む人もいます。

 

どちらのスタイルの方が、

より仕事がデキるのでしょうか?

 

今回は、この2つについて検証します!

 

◆リスク管理ができるのは仕事を前倒しする人

 

仕事を前倒しで取り組むことは

リスクを回避するのに有効です。

 

早めに取りかかっていれば

疑問や修正点が出てきたときに

 

クライアントに確認する時間が

十分にとれたり

 

予想外のことが起こったときも

時間的な余裕があれば

対応が可能だからです。

 

一方で、先延ばしをしていると

予想外の問題が起こったときに

締め切りに間に合わないことがあります。

 

たとえば、パソコンや機材が壊れたり

取り寄せた資料やデータが届かない!

 

といったトラブルも

前倒しで取り組んでいれば

 

回避する方法が見つかったり

クライアントに相談をすることができます。

 

よって

 

クライアントの信頼を勝ち取るのは

仕事を前倒しにする人だといえます。

 

◆先延ばしをする方が良い仕事ができる!?

 

仕事を意識的に先延ばしにすることを

「積極的遅延」といいます。

 

つまり

先に仕事に手をつけるのではなく

 

遊びや人と会うといった

仕事以外の活動をして

 

締め切り前に集中して

仕事に取り組むスタイルです。

 

仕事を前倒しにすると

締め切りまでに時間があるために

 

作業のペースが落ちてしまい

通常よりも時間がかかる場合があります。

 

その場合、

プライベートな時間が少なくなるという

デメリットがあります。

 

一方で、積極的遅延の場合は

仕事の時間が限られているので

集中して仕事をすることができます。

 

また、追い込まれることで

感覚が研ぎ澄まされ

新たなアイデアが生まれるなど

 

良い仕事にもつながるといわれています。

 

ただし、体調を崩したり、

集中力が低下してしまい

 

締め切りに間に合わない

というリスクもあります。

 

◆まとめ

 

仕事を先延ばしにする人が

質の高い仕事ができるというのは

少し意外に感じられるかもしれません。

 

ただ、最も大事なのは

自分に合った仕事のやり方を

見つけることです。

 

仕事が気になって遊びどころじゃない!

 

という人は前倒しスタイルの方が

向いています。

 

また、前倒しも先延ばしもせずに

一定のペースと量を計画的にこなす

というスタイルが合っている人もいます。

 

いろんな仕事の進め方を試してみて

自分に合ったスタイルを

見つけてくださいね。

 

この記事が自分らしい働き方の発見に

役立ててもらえればうれしいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 仕事を前倒しする人と先延ばしにする人、仕事がデキるのはどっち!?
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Digg
Share on reddit
Share on LinkedIn
Share on StumbleUpon
Share on GREE
LINEで送る
Pocket

Recent Posts
Translate »