コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス シェアオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス シェアオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
  • 友だち追加数
info@bluetas.com06-6131-7932 / FAX 06-6131-7934

冬は外に出たくないフリーランスのための コワーキングスペース生活をより快適にする3つの工夫

Home / ブログ / 冬は外に出たくないフリーランスのための コワーキングスペース生活をより快適にする3つの工夫

寒い冬は、家から出たくないけど

家で仕事をすると

ダラダラしてしまう……。

 

そんなフリーランスで働くあなたには

 

寒い時期こそ

コワーキングスペース

おすすめです。

 

そこで今回は

コワーキングスペースでの仕事を

より快適にする

 

ちょっとした工夫をお伝えします!

 

1. お気に入りの防寒グッズを持参する

 

コワーキングスペースは

暖房が入っていて快適な空間です。

 

自宅兼仕事場にはないような

暖房機器を使えたり

 

電気代を気にしながら

暖房を調整しなくていいところも

コワーキングスペースの良さでしょう。

 

(ただし、節電をしたり、

マナーを守ることは大事です)

 

それでも、広い空間では

手足が冷えてしまうこともあります。

 

コワーキングスペースによっては

ブランケットが

用意されているところがありますが

 

お気に入りのブランケットを

持っていくのがおすすめです。

 

ロッカーを借りられる

コワーキングスペースなら

持ち運ぶ手間も省けますよ。

 

2. 日当たりの良い場所を確保する

 

朝、起きるのがつらい冬の仕事……。

 

そんなときは、午前中から昼間にかけて

日当たりが良い

 

コワーキングスペースを

選びましょう。

 

または、早めに行って

窓際の席を確保するのが

おすすめです。

 

電気をつけなくても

日差しが入ってくるような

気持ちの良い場所で仕事を始めると

 

午前中にエンジンがかかります。

 

日差しがそれほど

入ってこなくなった午後は

 

打ち合わせや市場調査に

出かけるというように

 

メリハリをつけた働き方ができますよ。

 

午前中の時間を有効に使うためにも

朝日を浴びながら仕事をしましょう!

 

3. 小腹がすいたときのお菓子を常備する

 

コワーキングスペースで

仕事をしていると

 

ランチの前や夕方に

小腹がすいてくることもあります。

 

血糖値が下がってきたときは

チョコレートなどの甘い物が

欲しくなるものですよね。

 

「集中力が切れてしまいそう」

というときに

 

気軽につまめるお菓子を

常備しておきましょう。

 

コンビニまで出かけるのは

面倒臭いというときに便利です。

 

また、他の利用者が

コーヒーブレイクをしているときに

お菓子を持って話しかけるのも

 

コワーキングスペースならではの

出会いを楽しめば

仕事も楽しくなってきますよ!

 

いかがでしたか?

 

事務作業から

新しい仕事のアイデア出しまで

 

フリーランスの仕事は

どこでもできるものが多く

 

だからこそ

自宅にこもってしまうことも

ありますよね。

 

ですが、あえて

コワーキングスペースに

出かけることで

 

新たな出会い刺激があります。

 

寒い冬だからこそ

コワーキングスペースを

活用してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 冬は外に出たくないフリーランスのための コワーキングスペース生活をより快適にする3つの工夫
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Digg
Share on reddit
Share on LinkedIn
Share on StumbleUpon
Share on GREE
LINEで送る
Pocket

Recent Posts
Translate »