初対面の人とスマートに関係を築ける自己紹介

 In ブログ

初対面の人と会うことが多くなるこの季節。

 

コワーキングスペースや交流会などで、

 

異業種のフリーランスや経営者と出会う機会も増えます。

 

 

フリーランスだから、

 

自分で営業しなきゃいけないのはわかっているけれど・・・・・・。

 

 

人見知りをしてしまったり、自信が持てなかったりして、

 

うまく自己紹介ができないことってありますよね?

 

 

今回は、初対面の人に会ったときに、

 

スマートな自己紹介ができるコツをお伝えします。

 

 

 

・自己紹介で最初に言ってはいけないNGワード

 

名刺交換の後は、お互いに質問をしたり、

 

自分について補足したりしますよね。

 

 

そんなときに、言ってはいけないことがあります!

 

それは、卑屈になったり、自虐的なことを言ったりすることです。

 

 

なぜなら、人は最初に聞いた情報をインプットして

 

相手の印象を形成するからです。

 

これを、「初頭効果」といいます。

 

 

たとえば、出会ったばかりの人が

 

フリーランスのデザイナーだったとします。

 

「デザイナーといっても雑用ばかりですよ」

 

と自己紹介のときに言われたら、

 

謙遜しているのか本当のことなのかわかりませんよね?

 

 

相手の情報が少ない場合は、

 

その人が話したことを信じてしまうものです。

 

ですから、謙遜はほどほどにしたほうがよさそうです。

 

 

・自分を大きくも小さくも見せない、あるがままの紹介方法

 

だからといって、自分を大きく見せようとするのも考えものです。

 

「あんなことも、こんなこともできる」とアピールすると

 

相手は売り込まれていると感じてしまうので注意しましょう。

 

 

あるがままの自分を伝えるためには

 

事実だけを伝えるのがポイントです。

 

 

「◯◯さんは、専門はあるんですか?」と尋ねられたら

 

「専門がなくて・・・・・・」と自信なさげに言うのでも

 

「ひとつの分野にとらわれずに何でもします!」

 

とアピールするのでもなく

 

「特に専門はありませんが、最近はこんな仕事をしました」

 

と言って、過去の実績を見せるようにすると

 

あなたの仕事が相手に伝わりやすくなります。

 

 

・仲良くなりたい相手には質問をしたほうがいい理由

 

「この人と仲良くなりたい」と思った人に対しては

 

自己PRをするよりも相手に質問をするのが効果的です。

 

 

質問は相手の話を聴かなければできないからです。

 

名刺や会話の情報を元に質問をするので

 

相手は自分に興味を持ってくれているのだと

 

感じることができます。

 

 

初対面では自分のすべてを伝えようとせず

 

「これから仲良くなりましょう」という気持ちを込めて

 

会話のキャッチボールを意識するといいですね。

 

 

初対面の人と会うときに

 

役立てていただけるとうれしいです!


Recent Posts