コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス バーチャルオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス バーチャルオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
  • 友だち追加数
info@bluetas.com06-6131-7932 / FAX 06-6131-7934

現代人の職業病! ストレートネックの原因と対策

Home / ブログ / 現代人の職業病! ストレートネックの原因と対策

フリーランスの仕事にとって

欠かせないのがパソコンです。

 

ノマドワーカーやフリーランスといっても

業界や仕事内容はさまざまですが

 

パソコンやスマートフォンは

どんな業界でも必需品ですよね。

 

大切な仕事道具だけど……

 

使い過ぎると体調が悪くなることもあります。

 

今回は、現代人の職業病ともいえる

パソコンとスマートフォンの使い過ぎで

起こりやすいストレートネックの

原因と対策をお伝えします。

 

◆ストレートネックとは?

 

通常、首はゆるやかなS字を描いています。

 

ストレートネックとは

頚椎の生理的前湾角度が

30度以下の首の状態をいいます。

 

正常な人の首は、生理的前湾角度が

30度~40度なので

 

ストレートネックは字のごとく

正常な状態よりも

まっすぐになっているといえます。

 

◆原因

 

慢性的にうつむくような体勢を

とることで起こります。

 

長時間のパソコン操作や

スマートフォンの画面を見ることが

代表的な原因として挙げられます。

 

また、スポーツで姿勢を矯正する場合も

ストレートネックになる可能性があり

 

社交ダンスやバレエの講師など

姿勢が良いといわれる人にも

起こることがあります。

 

◆身体の不調

 

ストレートネックになると

こんな不調が表れます。

 

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首が痛い、首が動かない
  • 上を向きづらい
  • めまい、ふらつきがある
  • 吐き気がする
  • 手や腕がしびれる
  • 自律神経失調症

 

こういった症状が出てきたら

ストレートネックを

疑った方がよいでしょう。

 

また、これらの症状を緩和させるために

頭痛や肩こりを治そうと対策をしても

 

ストレートネックが改善されなければ

なかなか症状が

よくならないということも……。

 

なので、肩こりや首の不調を感じたときは

ストレートネックの改善が必要です。

 

◆不調を感じたときは整形外科へ!

 

首の不調や頭痛、

手のしびれなどを感じたときは

 

整形外科で診察を受け、

レントゲンをとりましょう。

 

すると、ストレートネックに

なっているかどうかがわかり

 

その他の症状がないかどうかも

チェックしてもらえます。

 

◆対策・治療法

 

ストレートネックは手術などを行わず

自然療法で改善していきます。

 

  • 生活習慣、環境の見直し
  • 漢方薬
  • (痛みがひどいときは)鎮痛剤
  • 湿布
  • ストレッチをする
  • 枕を変える

 

といった対策によって治療していきます。

 

パソコンの画面を

のぞくときの姿勢に注意して

 

デスクと椅子の高さを

調整するのも効果的です。

 

できるだけ前かがみに

ならないようにしたり

 

1時間に1回は休憩をして

 

ストレッチをするなどの

対策をとってくださいね。

 

この記事が健やかな身体づくりに

役立てていただけたらうれしいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 現代人の職業病! ストレートネックの原因と対策
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Digg
Share on reddit
Share on LinkedIn
Share on StumbleUpon
Share on GREE
LINEで送る
Pocket

Recent Posts
Translate »