コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス シェアオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
コワーキングスペース 貸し会議室 レンタルオフィス シェアオフィス 自習室 教室 スクール ブルータス
  • 友だち追加数
info@bluetas.com06-6131-7932 / FAX 06-6131-7934

自己PRが苦手な人が長所を見つける”4つの窓”

Home / ブログ / 自己PRが苦手な人が長所を見つける”4つの窓”

仕事で自己PRをするとき

 

どんなことを言ったらいいのかわからない。

 

自分に自信を持ちたいけれど

 

どうしたら持てるんだろう?

 

 

そんな風に感じることはありませんか?

 

 

日本では古くから

 

謙虚であることが美徳とされていますが

 

自分の長所や強みを

 

アピールしなければならないこともありますよね。

 

 

今回は、そんなときに活用できる「4つの窓」について

 

お伝えします。

 

 

 

・自分を知るのに使える「ジョハリの窓」

 

アメリカの心理学者ジョセフ・ルフトと

 

ハリー・インガムが発表した

 

対人関係における気づきのグラフモデルを

 

「ジョハリの窓」といいます。

 

そこでは、4つの自分があると考えられているんです。

 

 

 

 

1. 自己紹介をして共通の認識をつくる「解放の窓」

 

これは、「自分も他人も知っている自分」を表します。

 

あなたが相手に自分のことを話せば

 

「この人(自分)はこういう人」という

 

共通の認識が生まれます。

 

 

自己開示をすればするほどこの窓が広がっていき

 

相手とわかり合えるといわれています。

 

 

2. 意外な一面を告白する「秘密の窓」

 

これは、「自分は知っているけれど、他人は知らない自分」を表します。

 

「実は、こんな面もあるんです」と秘密を暴露することで

 

親近感が生まれたり、ギャップを演出できます。

 

 

 

3. 相手の長所を教えてあげられる「盲点の窓」

 

これは、「自分は知らないけれど、他人から見られている自分」を表します。

 

「こんなイメージを持たれたい」という理想像があっても

 

その通りに相手が受け取ってくれるとは限らないですよね?

 

また、あなたが気づいていない長所を

 

相手は知っているかもしれません。

 

 

人を通して自分を知るのがこの窓の特徴です。

 

周りの人が気づいていない長所を伝えることで

 

相手のあなたに対する印象が良くなったり

 

信頼関係を築く手助けをしてくれそうです。

 

なので、積極的に相手の盲点を伝えてあげるのがおすすめです。

 

 

 

4. まだ誰も知らない可能性を示す「未知の窓」

 

ここは、「まだ自分も他人も知らない自分」を表します。

 

未経験の仕事に挑戦してはじめて

 

「あれ? この仕事、向いているかも」と気づくように

 

経験から発見することがあります。

 

まだまだ可能性がたくさんあると思って

 

この窓を広げていくのもいいですね。

 

 

・コワーキングスペースならではの活用法

 

コワーキングスペースの利用者同士で

 

その人が気づいていない長所を褒めたり

 

自己開示をしてみれば

 

ビジネスマッチングができたり

 

仲間が生まれそうです。

 

 

自分をアピールしようとすると緊張してしまう人は

 

「実は、こんな趣味があるんです」というように

 

「実は・・・・・・」を頭につけると話しやすくなりますよ。

 

 

ぜひ、ジョハリの窓を使ってみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自己PRが苦手な人が長所を見つける”4つの窓”
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Digg
Share on reddit
Share on LinkedIn
Share on StumbleUpon
Share on GREE
LINEで送る
Pocket

Recent Posts
Translate »