アイデアを出すだけじゃない! コミュニケーションとしても使えるブレインストーミング術

 In ブログ

仕事に行き詰まったときや

みんなで相談をしたいときなどに

 

アイデアを出す方法として使われる

ブレインストーミング

 

今回は、ブレインストーミングの方法と

活用術についてお伝えします。

 

◆基本的なブレインストーミングの方法

 

ブレインストーミング法とは

アレックス・F・オズボーンによって

考案された会議方法で

 

アイデアをたくさん出すための方法です。

 

ひとつの議題に対して

参加者が自由な発想でアイデアを出し

 

ブレインストーミングが終わってから

他の方法でまとめていきます。

 

≪4つのルール≫

 

・結論を出さない

 

アイデアをたくさん出すのが目的なので

この段階では結論を出しません。

 

・自由な発言を認める

 

奇抜で自由な発想から

新たなサービスが生まれることもあります。

 

実現が不可能だと思えるアイデアも

否定や批判をしないのが

ブレインストーミングの重要なルールです。

 

・質より量を重視する

 

アイデアの質よりも、

数をたくさん出す方を重視します。

 

決められた時間の中で、

できるだけ多くのアイデアを出しましょう。

 

・アイデアを結合して発展させる

 

他の人や自分が出したアイデアを

発展させたり

2つ以上のアイデアを結合させて

展開するのもOK

 

ただし、結論を出そうとせずに

アイデアの段階でとどめておきましょう。

 

◆意見が言いやすい+αルール

 

ブレインストーミングは

5~8名程度で行うのが

ベストだといわれていますが

 

人数にはそれほど

こだわらなくてもいいでしょう。

 

ただ、人数が多くなると話せないという人や

 

フリーランスの場合は

クライアントと行うときなどは

萎縮して意見が出しにくい

 

という場合があります。

 

そんなときはオリジナルルール

もうけるのがおすすめです。

 

≪例≫

・時計回りなどで順番に意見を出していく
・あまり考える時間を与えないように制限時間を短くする
・意見が出たら拍手をする
・あらかじめ書いておいたアイデアを読み上げて展開していく
・行き詰まってきたら中断してアイデアの結合に切り替える
 
◆コミュニケーションツールにもなるブレスト

 

ブレインストーミングには

コミュニケーション

円滑にさせる役割もあります。

 

たとえば、一緒に

ブレインストーミングをすることにより

 

「この人は話せばわかってくれるんだ!」

 

後輩から先輩に対する見方が変わったり

 

「この人は、こんな切り口で
物事を考えるんだな」

 

先輩や上司が後輩のキャラクター

知るというように

 

それまで知らなかった

お互いの良さ発見することができます。

 

また、問題に対して一緒に取り組むことで

団結力が生まれるので

 

取り組むべき問題があるときほど

 

ブレインストーミングを通して

コミュニケーションをとるのが

おすすめです。

 


Recent Posts