質問に気持ちよく答えてもらうための「順番」とは? ~ケース別の共感テクニック~

 In ブログ

コミュニケーションの

トラブルを回避するために

 

質問に気をつけるべき理由を

前回お伝えしました。

 

コミュニケーションのトラブルを回避しよう!
フリーランスが気をつけるべき質問

 

それでは

知りたいことを

質問してはいけないのか?

 

というと、そうではありません。

 

快く質問に答えてもらうためには

質問の「順番」が重要です。

 

今回は、質問に答えてもらえる

テクニックをお伝えします。

 

◆質問の前に必要な「共感」

 

単刀直入に質問をするのではなく

まずは、「共感」を示すといいでしょう。

 

これは、質問の相手に対する

共感だけでなく

 

質問される人が

あなたの気持ちに共感することで

 

思わず話したくなる

という効果もあります。

 

【ケース1】

出版した人に本の出し方を質問したいとき

 

★共感のポイント

「このたびは、出版おめでとうございます」

と祝福の気持ちを伝えます。

 

その人が喜んでいる気持ちに

共感を示すことが大切です。

 

さらに、本を出版したときの

喜びやこだわりなどを

 

インタビュアーになったつもりで

たずねましょう。

 

相手が気持ちよく話してくれたら

最後に、出版の経緯について

質問するといいですよ。

 

聞きにくい雰囲気であれば

「本というかたちで思いを伝えたい

と考えていたのですか?」と

 

出版という手段に関する質問に

シフトしていくのがおすすめです。

 

【ケース2】

相手が結婚しているかどうかを知りたいとき

 

年齢や恋人の有無、

結婚しているかどうかというのは

かなりプライベートな質問です。

 

ですが、気になってしまうことも

ありますよね。

 

そんなときは、自分の気持ちに

共感してもらうのがおすすめです。

 

★共感のポイント

「恋人がいなくて寂しいから、

休日も仕事をしてしまうんです」と

 

先に自分の状況を伝えます。

 

同じ状況であれば、「わかる!」

共感してもらえるでしょう。

 

相手が共感していないようであれば

どのような過ごし方をしているのか

質問すればOK

 

休日の過ごし方で

その人のプライベートが見えてきます。

 

【ケース3】

集客方法など仕事の

ノウハウをたずねたいとき

 

★共感のポイント

「最近、集客がうまくいかなくて……」と

自分が悩んでいることを話します。

 

相手がかつての自分と

重ね合わせて共感すれば

あなたの相談に乗ってくれるでしょう。

 

ただし、その人がノウハウ本を

出版していたり

 

コンサルティングやセミナーを

開催している場合は

 

お金と時間をかけて

学ぶのが礼儀です。

 

その方が多くの知識や

ノウハウが得られるので

 

その人のサービスを

チェックしておくことも大事です。

 

◆まとめ

 

「共感」とは、

気持ちが通じ合うことです。

 

大切なのはテクニックとして

使うのではなく

 

「あなたのことが知りたい」

という純粋な気持ちです。

 

ですから

 

気持ちを通じ合わせてから

会話を展開していく

というイメージで

 

まずは共感することを

意識してみてください。

 

周りの人とのコミュニケーションに

役立てていただけるとうれしいです。


Recent Posts