初対面の人に好印象を与えるちょっとしたテクニック3つ

 In ブログ

この時期は環境が変わる人も多く

 

初対面の人に会う機会が

増えますよね。

 
 
 

自分自身は

仕事や職場が変わらなくて

 

クライアントの人事異動で

担当が変わることも

あるのではないでしょうか。

 
 
 

初対面の印象は

3ヶ月から半年は変わらないと

いわれています。

 
 
 

「この人はこういう人」

という印象を持つと

 

その印象が正しいと

思い込んでしまうからです。

 
 
 

たとえば

「怖そうな人だな」

という印象を持ったら

 

無表情なだけで

怒っているのだと思ったり

 

笑顔を向けられても

愛想笑いだと感じてしまう

 

というように

色メガネをかけて

相手を見てしまうものなんです。

 
 
 

だからこそ、第一印象はとても大切!

 
 
 

今回は、ちょっとした工夫でできる

印象UPテクニックをお伝えします。

 
 
 
 

◆自分から挨拶をする

 

初対面の人に会ったときは

先手必勝!

 
 
 

相手の立場や年齢などに関わらず

笑顔を見せて

自分から挨拶をしましょう。

 
 
 

「こんにちは」

声をかける場合は

 

大きめの声でハキハキと言うと

 

さわやかな人だという

印象を与えます。

 
 
 

先に挨拶をすることで

 

「わたしはあなたのことを受け入れます」

という姿勢を伝えられるからです。

 
 
 

すると、相手もあなたに

心を許してくれるので

 

信頼関係が築きやすくなりますよ。

 
 
 

◆自己紹介でネガティブなことは言わない

 

自己紹介で自分の性格や

仕事を説明するときに

 

ネガティブなことや

自虐的なことは言わないのが

好印象につながります。

 
 
 

というのも

 

初対面の時点では

相手のことを知らないので

 

最初に言われたことが

強烈にイメージとして残るのです。

 
 
 

しかし

コンプレックスや欠点だと

思っているところを

 

先に相手に知っておいてほしい

 

という心理もあります。

 
 
 

それは

「こんな自分でも受け入れてほしい」

 

という気持ちの表れでもあります。

 
 
 

ただし、

最初についた印象は続くので

 

これまでの仕事の実績を伝えるときも

必要以上

謙遜しない方がいいですね。

 
 
 

◆相手の話にリアクションをとる

 

初対面の人の名前を覚えたり

自分のことを伝えようと

 

頭をフル回転させていると

無表情になってしまうことがあります。

 
 
 

すると

 

「この人は、話を聞いてくれない」

 

と思われたり

 

「おもしろくないと思われているのかな」

 

相手に不快感を

与えてしまいます。

 
 
 

ですから

相手が話しているときは

 

熱心に耳を傾けて

 

相づちを打ったり

深くうなずくようにするなど

リアクションをとることが大事です。

 
 
 

おおげさな

リアクションをしなくても

 

「話を聞いています」

という姿勢が伝わればOK。

 
 
 
 

いかがでしたか?

 
 
 

印象UPさせるためには

自分自身の表情や反応を

客観的に見つめて

 

相手にどのように映っているのか

考えることが大切です。

 
 
 

今後の関係を良くするために

 

まずは印象UPテクニックを

意識してみてくださいね。


Recent Posts