今年のインフルエンザは早めにやってくる!? 年末年始にインフルエンザにかからないための予防策

 In ブログ

毎年、冬になると流行するインフルエンザ。

 

特に流行するのが、12月~3月だといわれています。

 

 

ところが、

 

今年の10月初旬には沖縄でインフルエンザ感染の報告があり

 

例年よりも早めに流行するとみられています。

 

 

忙しい年末年始にインフルエンザにかからないように

 

しっかりと対策をしたいものです。

 

そこで今回は、インフルエンザ予防策についてお伝えします!

 

 

・知っておきたいインフルエンザの特徴

 

インフルエンザの特徴は……

 

・38度以上の発熱
・全身の痛み(特に、頭痛、関節痛、筋肉痛)
・のどの痛み、鼻水、せきが出る
・急に発症する

 

などが代表的です。

 

風邪と決定的に違うのは高熱が出ることと

 

急激に症状が出るところです。

 

 

潜伏期間は1~2日で、

 

発症前1日~発症後7日ごろまでは

 

人にうつしてしまう可能性があります。

 

 

インフルエンザは自然治癒するものではないので

 

体調の変化を感じたときはすぐに病院に行きましょう。

 

 

病院に行くときはマスクを着用して

 

インフルエンザの疑いがあることを伝えます。

 

 

それでは、日常生活でできる予防策を3つ紹介します。

 

 

1.マスクや手洗いでウィルスをブロックする

 

インフルエンザや風邪には、2つの感染経路があります。

 

1つは、飛沫感染です。

 

インフルエンザに感染している人が

 

くしゃみや咳をしたときに飛沫したウィルスが

 

身体に入ることで感染します。

 

飛沫感染を防ぐためには、マスクの着用とうがいが効果的です。

 

 

マスクをつけるときは

 

鼻からあごまでをカバーできるサイズや商品を選び

 

隙間ができないようにフィットさせるのがポイントです。

 

 

もう1つは、接触感染です。

 

インフルエンザウィルスが手などについて感染します。

 

この場合の予防策は、しっかりと手を洗うこと。

 

手洗いの後はアルコール殺菌をするのも◎。

 

 

2.予防接種を受ける

 

インフルエンザの型は複数あるため

 

予防接種を受けても感染する可能性はあります。

 

 

ですが、予防接種を受けて入れば

 

感染した場合も症状を抑えられるというメリットがあるので

 

予防策のひとつとしてチェックしておくといいですよ。

 

 

3.規則正しい生活をする

 

規則正しい生活と食生活を送って

 

体力をつけることも感染予防対策になります。

 

 

身体が弱っているときは感染しやすいので

 

体調があまり良くないときは外出しないようにしたり

 

予定を調整してゆっくりと過ごすようにしましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

 

インフルエンザが本格的に流行する前から

 

かからないための対策をすることが大切です。

 

手洗い、うがい、マスクの着用などを徹底しましょう。


Recent Posts