大事なプレゼンの前に緊張しない方法

 In ブログ

大事なプレゼンテーションの前や

 

契約をかわすときなど

 

思わず緊張してしまう場面ってありますよね。

 

 

そんなとき、最高のパフォーマンスをするための

 

緊張をほぐすコツがあります。

 

 

今回は、そんなコツと幸せ度についてお伝えします。

 

 

 

・幸せを感じると社交的になる!?

 

アメリカ発の心理学「ポジティブ心理学」では

 

人は幸せを感じると社交的になり

 

相手に対する思いやりが深くなるため

 

より良い人間関係を築くことができるという

 

調査結果があります。

 

 

ビジネスでも

 

クライアントとより良い関係を築いて

 

成功したという報告もあるようです。

 

 

それでは、幸せを感じためには

 

どうすればいいのでしょうか?

 

 

 

・アメリカ人は意識してポジティブシンキングをしている

 

陽気でおおらかな印象があるアメリカ人ですが

 

ポジティブ心理学の領域では

 

その人が幸せを感じるかどうかの50%は

 

親からの遺伝によるものだと考えられています。

 

 

つまり、些細なことでも幸せを感じる人もいれば

 

神経質で心配性な人もいるということです。

 

 

幸せを感じる残りの50%のうち

 

収入や学習などの本人の努力では

 

急に変えられない環境によるものが10%、

 

あとの40%は物事の受け止め方だといわれています。

 

 

遺伝的に幸せを感じにくく

 

貧しい暮らしをしていたとしても

 

物事のとらえ方を変えることで

 

幸せを感じることはできるのです。

 

 

ポジティブ心理学では

 

論理的に物事を検証していく考え方や

 

強みを見つけて長所を伸ばすことを

 

具体的な方法として取り入れています。

 

 

 

・緊張してしまうときほど幸せ感を大事にする

 

これらのことから考えて

 

緊張してナーバスになっているときよりも

 

幸せを感じているときの方が

 

クライアントとも朗らかに話せるということですよね。

 

 

緊張してしまう状況でも

 

意識的にポジティブに考えたり

 

幸せ度を高めたりできるともいえます。

 

 

なので、大事な仕事の前には

 

「これをすれば幸せを感じられる」という

 

行動をとるといいでしょう。

 

 

たとえば

 

百貨店で買った高級スイーツを食べるとか

 

元気が出る音楽を聴くといった

 

自己流の幸せ行動をとるのが◎。

 

 

 

そうすることで緊張がほぐれて

 

クライアントにも

 

笑顔で堂々と接することができ

 

会話も弾みそうです。

 

 

まずは、自分にとっての幸せのスイッチを

 

見つけるのがおすすめです!

 

 

また、人と話すことも緊張を解く効果があるので

 

コワーキングスペースや職場などで

 

周りの人と話して

 

ウォーミングアップをするのもいいですね。


Recent Posts