悪いことが続いたとき、どうする!? フリーランスのためのメンタルコントロール術

 In ブログ

悪いことが起こるときは

 

何もかもうまくいかなくて

 

「この仕事、向いていないのかも」と

 

思ったりすることはありませんか?

 

 

組織とフリーランスの大きな違いは

 

苦しみをわけ合う人がいないことです。

 

 

だからこそ、

 

フリーランスの仕事を続けていくうえで、

 

メンタルを鍛えることや

 

物事を客観的にとらえることも

 

とても重要なスキルだといえます。

 

 

今回は、そんな悪いことが続いたときの

 

メンタルコントロール術をお伝えします。

 

 

・悪いことが立て続けに起こるのは本当?

 

仕事でミスをしたときに限って

 

人間関係のトラブルが起こるなど

 

良くない出来事が重なること、ありますよね。

 

 

だけど、それって本当に

 

悪いことが立て続けに起こっているのでしょうか?

 

実は、そう感じているだけなのかもしれません。

 

 

こんな心理実験があります。

 

2人の被験者(AとB)に性格診断を行い、

 

Aには「あなたの性格は素晴らしい」と伝えました。

 

一方、Bには、「あなたの性格は欠点だらけです」と伝えました。

 

 

その後に、2人に同じ人物の評価を読ませ、

 

印象に残っている言葉を尋ねました。

 

 

すると、Aは「優秀」などのプラス面、

 

Bは「冷たい」などのマイナス面を挙げました。

 

 

・落ち込んでいるときは、悪いことに焦点が当たる!

 

事前に行った性格診断の結果に関わらず

 

Aは良い評価、Bは悪い評価を告げられました。

 

 

その結果、ある人物の評価を読んだときも

 

Bは悪い評価にばかり目がいってしまったのです。

 

 

このように、そのときの気分に合わせた情報を集める傾向を

 

「感情一致効果」といいます。

 

 

・フリーランス流の「感情」との付き合い方

 

この実験のAの場合は、Bと同じ評価を読んでも

 

良いところばかりに焦点が当たっていました。

 

つまり、良いことがあったときは

 

「いいことばかりが続いている」と感じやすいのです。

 

 

ですが、実験後に読んだ評価は

 

AもBも同じだったはずですよね!?

 

 

仕事でトラブルが起こり、

 

気分が落ち込んでいるときは

 

まずは気持ちを落ち着かせることが大事です。

 

 

無理に前向きに考えようとするよりも

 

たっぷり睡眠をとって体を休めるなど

 

マイナスな感情をリセットしましょう。

 

 

また、感情一致効果が働いて

 

悪いことばかりを探しそうになったら

 

意識的に思考をストップさせるといいですね。

 

 

そして、「本当に悪いことばかりだろうか?」と

 

客観的に状況を見る目を持つのが

 

落ち込まないために必要なことです。

 

 

人に話を聴いてもらうことで

 

自分では気づかなかった

 

客観的な意見をもらえることもありますよ。

 

いかがでしたか?

 

感情と上手に付き合う方法として

 

役立てていただけるとうれしいです!


Recent Posts