仕事で新しい人間関係を築くときに必要な3つのステップ

 In ブログ

新規開拓やクライアントの担当者が替わったときなど

 

初対面の人と仕事をすることってありますよね。

 

 

そんなときは、まず人間関係を築くことが

 

良い仕事をするために大切です。

 

 

今回は、人と人が打ち解けて信頼関係を築くための

 

3つのステップについてお伝えします!

 

 

・ファーストステップは、警戒心を解くことから始まる

 

 

心理学者のザイアンスは

 

人と人が親しくなるには3つの段階があると唱え

 

「ザイアンスの3法則」と名付けました。

 

 

 

人は知らない人間に対して

 

攻撃的または批判的な態度をとり

 

冷淡に対応するといわれています。

 

 

ですから、出会ってすぐに仕事の話を始めようとしても

 

相手はあなたのことを警戒してしまうでしょう。

 

 

たとえ、すでに決まっている仕事を引き継いだ場合でも

 

相手はあなたがどんな人なのかわからないので

 

「本当に信じていいのかな?」という気持ちが

 

働いてしまうのです。

 

 

初対面の人や親しくない相手に対して

 

人間は本能的に脅威を感じるものだからです。

 

 

ですから、信頼してもらうためにも

 

いきなり進めたい仕事の話をするのではなく

 

相手の話を聴くようにしましょう。

 

傾聴には相手を安心させる効果があります。

 

 

・セカンドステップで、顔を見せる回数を増やす!

 

人は会えば会うほど相手に好意を持つものです。

 

これは、「単純接触の法則」と呼ばれるもので

 

会う回数が増えれば増えるほど

 

親近感がわくのが好意を持つ理由です。

 

 

しかも、ただ顔を見せるだけでも効果があるんです!

 

アポイントを取っていなくても取引先に顔を出したり

 

名刺を置いてきたりする基本の営業方法は

 

理にかなっていたということです。

 

 

 

ところが、近年はメールなどでのやり取りが増え

 

単純接触をする機会が減っていますよね。

 

そんなときはデジタルツールを活用しましょう!

 

 

仕事で使うチャットやメール

 

SNSなどのアイコンを自分の顔写真にします。

 

SNSでいつも「いいね!」を押してくれる人には

 

好感を持ちますよね。

 

 

また、よくコメントをくれる人は

 

しばらく会っていなくても身近に感じるものです。

 

こうして打ち解けてきたら、3つ目の段階に進みます。

 

 

・自己PRに自慢話はNG。失敗談で魅力を伝える

 

人は相手の人間的側面を知ったときに好意を持つと

 

ザイアンスは言っています。

 

人間的側面とは、「その人らしさ」です。

 

 

 

ただ、アピールしたいからといって自慢をするのも

 

「趣味はテニスです」といった端的な自己紹介をするのもNG。

 

それではあなたの良さが伝わりません。

 

 

 

それより、仕事や人生での失敗談のほうが親近感がわきます。

 

失敗から学んだことや逆境を乗り越えた体験を話せば

 

よりあなたのことを信用してくれそうですよね。

 

 

新たな人間関係を築くときに

 

参考にしていただけるとうれしいです。


Recent Posts