新しい働き方に挑戦!「ワーケーション」のススメ

 In ブログ

コロナウィルスの影響により

 

働き方が大きく変わりました。

 

特に変わったのは「場所」です。

 

 

テレワークの普及によって

 

オフィスではなく自宅やそれ以外の場所でも

 

仕事ができるようになりました。

 

 

今回は、ワーケーションについてお伝えします。

 

 

・新しい働き方「ワーケーション」って何?

 

「ワーケーション」とは

 

ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を

 

組み合わせた造語です。

 

 

元々は、欧米で取り入れられた働き方で

 

長期休暇をとる欧米人が

 

バケーション先で一時的に仕事をするための

 

仕組みを作ったのが始まりだといわれています。

 

 

・ワーケーションは日本の働き方に合う?

 

ノマドワーカーであれば

 

すぐにでもワーケーションが可能です。

 

 

企業で働く人はお盆や年末年始の休みが短く

 

仕事をせずに休暇として過ごす人がほとんどでしょう。

 

なので、あまりワーケーションには向かないといえそうですが

 

最近ではワーケーションの導入を検討したり

 

ヨガなどのリトリートを行ったりする企業もあるみたいです。

 

 

また、ワーケーションする場所を提供しようと

 

積極的に取り組んでいる自治体もあります。

 

旅行の繁忙期以外にも人が訪れるというメリットがあり

 

Uターン、Iターンの移住者を増やす取り組みとして

 

行っている自治体もあります。

 

 

・フリーランスがワーケーションで気をつけたいこと

 

自然を感じられる場所で仕事をすると

 

発想が豊かになり、新しいアイデアが生まれそうです。

 

 

ただ、ワーケーションにはデメリットもあります。

 

せっかくの休暇なのに仕事に追われて休めなかったり

 

連絡をとりたいときに遊びに行っていたりと

 

仕事と休暇のバランスが難しいという点です。

 

 

ワーケーションをする場合は

 

クライアントや仕事仲間と事前に相談して

 

スケジュールを立て、共有しておきましょう。

 

 

また、ビーチやホテルなどで仕事をするときに

 

注意すべきなのは情報の漏洩です。

 

ホテルの無料Wi-Fiなどを使わず

 

自分でポケットWi-Fiを契約したり

 

パソコンのセキュリティを強化したりして

 

情報が盗まれないように対策を!

 

リゾート地などの非日常を味わえる場所では

 

気がゆるみがちになるので

 

盗難にも十分に気をつけましょう。

 

 

通常営業のクライアントに対して

 

休暇先から連絡をするのは気が引ける・・・・・・

 

という人もいるかもしれません。

 

 

そんなときは、連休や週末を含めた数日から

 

ワーケーションを始めるのがおすすめです。

 

 

コロナの影響でストレスが溜まっている人は多いと思います。

 

しっかりと感染予防対策をして

 

働く環境を変えれば

 

気分転換ができそうですね!


Recent Posts