口コミが増える! 「ゲインフレーム」とは?

 In ブログ

商品やサービスを売るためには

 

消費者の行動を変えるPR文が必要です。

 

その商品やサービスを使いたくなるように

 

消費者や顧客の心理に訴えかけるものです。

 

 

このPR文には、2つのタイプがあります。

 

1つは消費者が商品を購入するものの

 

口コミにはつながりにくい方法です。

 

もう1つは、消費者が商品を購入し

 

さらに口コミも広がる方法なんです!

 

 

今回は、そんな2つのPR法についてお伝えします。

 

 

・消費者の行動を変える「ロスフレーム」とは?

 

1つ目のPR法は、「ロスフレーム」です。

 

「ロス=減る、失う」という意味で

 

消費者が失うものを強調し、恐怖感をあおる手法です。

 

 

たとえば、「この化粧品を使わないと、将来シミだらけに!」とか

 

「貯蓄だけでは、老後の不安は増えるばかりです」というように

 

ネガティブな部分に焦点を当てるのが特徴です。

 

消費者は、「このままではいけない」と強く感じて

 

その商品やサービスを使おうと行動します。

 

 

・いい情報を教えてくれる「ゲインフレーム」とは?

 

2つ目のPR法は、「ゲインフレーム」です。

 

「ゲイン=増える」という意味で

 

その商品やサービスを使うことで得られるものを

 

アピールする方法です。

 

 

たとえば、「この化粧品を使うと、シミを予防することができます」とか

 

「将来の金銭的な不安をなくすための資産運用の方法を教えます」というように。

 

これをすれば、こんないいことがあるという部分に焦点を当てています。

 

 

 

・「ゲインフレーム」が口コミに強い理由

 

説明に説得力があり、消費者の行動をすぐに変えるのは

 

ロスフレームの説明です。

 

 

ところが、ノールウエスタン大学で行われた研究では

 

ゲインフレームでアピールしたほうが

 

口コミが広がりやすかったことがわかっています。

 

 

ロスフレームの説明によって

 

「シミだらけになりたくない!」と思い

 

化粧品を買うという行動を起こす人は多くいます。

 

 

ですが、その人は化粧品を買った理由や

 

その化粧品のいい点などを人に伝えようとしないのが

 

ロスフレームで行動した人の傾向です。

 

 

一方、ゲインフレームに影響を受けて化粧品を買った人は

 

「これを今から使えば、シミの予防ができるんだって!」というように

 

その商品のメリットを周囲の人に話す傾向があります。

 

 

周りの人にいい情報を共有すると

 

「役に立った」と満足感を得られるため

 

口コミがどんどん広がっていくのです。

 

 

いかがでしたか?

 

商品やサービスは同じでも

 

どの面をアピールするかによって

 

その情報の広がりが違うなんて、おどろきですよね!?

 

ぜひ、ゲインフレームを使ってみてくださいね!


Recent Posts