ノマドワーカーとして働くメリットとデメリット

 In ブログ

コワーキングスペースを利用する人にも多い

「ノマドワーカー」とは

どんな働き方なのでしょうか?

 

「ノマド」とは、もともと「遊牧民」という意味で

カフェやファーストフード店などで

ノートパソコンやタブレット型の端末を使って

仕事をする人のことを指します。

 

企業で働く組織人とは違い

フリーランスとして活動している人が多く

オフィスを持たずに身軽に移動するところが

まさに、ノマドだといえるでしょう。

 

ノマドワーカーのメリット

ノマドワーカーのメリットは

なんといっても自由であることです。

 

会社に長時間にわたって拘束されたり

わずらわしい人間関係に悩むことはありません。

 

自分がしたいと思える仕事を選び

仕事をする場所も時間も仕事の内容も選べる。

 

ノマドワーカーにはそんな自由があります。

 

また、ひとつのプロジェクトごとに

さまざまな人と出会い

違う内容の仕事ができるので

実績や人脈を築いていくことができます。

 

それが評価につながり

次の仕事につながっていくのです。

 

ノマドワーカーのデメリット

メリットだけを考えるとノマドワーカーは

最高の働き方のように思えます。

 

好きな仕事を自由に選び

自分自身の能力を認めてもらえるからです。

 

だけど

 

ノマドワーカーにもデメリットはあります。

 

まず

 

ノマドワーカーは自分で仕事を

とってこなければなりません。

 

フリーランスとして企業などから

必要とされるためには

信頼と知名度を上げなければなりません。

 

知名度の高いノマドワーカーになれば

自由な働き方ができますが

それまでは、「下請け」として働くことを

覚悟の上で働く必要があります。

 

クライアントから無茶な納期を設定されたり

希望よりも安い単価で

仕事を請け負うこともあるでしょう。

 

自由を求めてノマドワーカーという

働き方を選んだのに

自由ではないことに

ジレンマを感じることもあります。

 

ノマドワーカーの心得

ノマドワーカーとして働くためには

「自分で選択する」という覚悟が

必要だということです。

 

選ばれる立場でもありますが

その仕事を選ぶかどうかは自分次第。

 

選ばないのであれば

別の仕事を開拓していくだけの

覚悟と勇気、行動力が必要だということです。

 

その覚悟や仕事に対する信念に従って

仕事や進む道を選んでいけるというのが

ノマドワーカーとして生きる

醍醐味だといえます。

 

最後に

ひとりで仕事をすることは

孤独を感じるものです。

 

実績を積む前にプレッシャーや

不安に押しつぶされて

ノマドワークを断念する人もいます。

 

カフェやファーストフード店などの

決して静かではない場所を選ぶのも

社会とのつながりを感じていたいからでしょう。

 

その点、コワーキングスペースは

同じような働き方の人が多く

コミュニケーションをとる機会もあるため

ノマドワーカーにとって

仕事面にだけでなく

精神面においても

プラスになる場所だといえます。


Recent Posts