フリーランスでくじけない心の持ち方3つ

 In ブログ

 

フリーランスの仕事はサバイバルです。

 

収入が良いときもあれば悪いときもあり

頑張っているのにブレイクしない……

と悩むこともあれば

複数の仕事の依頼が入ってくる!

ということもあります。

 

そんな山あり谷ありの状況は

心にも大きな影響を与えます。

 

今回は、フリーランスで働く人が

途中で挫折しない心の持ち方

についてお伝えします。

 
 

1. 人と比べない

フリーランスとして働いていると

同業や他のフリーランスの人の

業績が気になるものです。

 

「あの人と比べて、どうして自分は……」

と落ち込んだり

事業がうまくいっている人を

うらめしく思うこともあるでしょう。

 

すると、だんだん気分が滅入ってきます。

 

ですが、せっかくフリーランスで

働いているのですから

人と同じことをするのではなく

自分らしさを大切にしたいですよね?

 

他の人が気になるときは

「あの人が売れている理由は何だろう?」

と考えたり

「自分がしていなくて、

あの人がしていることは何だろう?」

と分析すれば、ビジネスのヒントが

見えてくることもあります。

 

◆ 心の持ち方の極意 ◆

同業者はヒントの宝庫だと思おう!

 
 

2. 売上ばかりを追わない

生活をしていく上で

最小限の収入が欲しい。

 

そして、できる限りお金を稼ぎたい。

 

口には出さないけれど……

それが、フリーランスの本音ですよね。

 

そのために

売上目標を立てるわけですが

金額ばかりを追っていると

その通りにならなかったときに

モチベーションが下がってしまいます。

 

もちろん、売上の目標を

持つことは大切です。

 

ですが

フリーランスの仕事はいつも右肩上がり

というわけではありません。

 

長い目で見て事業を

自分で育てていくことが

モチベーションを

継続することにつながります。

 

ですから、売上に

こだわりそうになったときは

仕事をする目的や理念を

見直してみましょう。

 

◆ メンタルケアの極意 ◆

数字よりも理念にこだわろう!

 
 

3. 成功することを急がない

売上=収入

になるのがフリーランスのメリットです。

 

だからこそ

「早く一人前になりたい!」

と思うのは当然のことですよね。

 

それに、売上がなければ収入もないので

経費や年金の支払いを考えると

赤字になってしまいます。

 

ですが……

だからといって

とにかく仕事を引き受ければいい

というわけではありません。

 

仕事の依頼主の都合に振り回されたり

自分の主義や理念とは違ったりと

仕事の進め方や報酬額の問題、

そして、

人間関係のトラブルが起こった場合

解決するのは自分自身です。

 

そうすると

精神的なダメージも大きく

フリーランスとしてやっていく

自信と気力を

失うことにもなりかねません。

 

やりたくない仕事や

付き合いたくない人に関わって

あとでトラブルが起こらないように

短期間で成功することにこだわらずに

仕事は慎重に選びましょう。

 

◆ メンタルケアの極意 ◆

焦らずに仕事を見極めよう!

 
 

フリーランスとして

仕事を継続するためには

ブレない心を持つことが大切です。

 

この記事が心の持ち方の

お役に立てるとうれしいです!


Recent Posts