長時間のパソコン仕事は危険! 座り仕事が多い人が健康に働く方法とは?

 In ブログ

フリーランスの仕事に

欠かせないのがパソコンです。

 

職種にもよりますが

「パソコン1台あれば仕事ができる!」

というスタイルの

ノマドワーカーは多いはず。

 

ですが

長時間、座って仕事をしている人は

同じ働き方をしない人に比べて

死亡リスクが高いといわれていることを

ご存知ですか?

 

長時間というのは、1日4時間以上

ともいわれています。

 

1日4時間以上、

パソコンの前に座っていて

あまり運動をしない人は要注意。

 

ただ

パソコンでの仕事がメインだから

そんなことを言っていられない!

 

しかも、運動する時間もお金もない!

 

というのが

フリーランスの悩みですよね?

 

また、フリーランスに限らず

パソコンを使った仕事をしている会社員も

同じ悩みを持っていますよね……。

 

今回は、パソコン仕事が多い人にとっての

健康的な働き方について

検証していきます。

 

◆長時間座る仕事が危険なワケ

 

長い時間座って

仕事をすることが危険なのは

さまざまな身体的な疲労が

蓄積されるからです。

 

パソコンに向かって

同じ姿勢で仕事をしていると

眼精疲労、肩こり、血行不良などを

引き起こします。

 

また、運動しないことにより

消費カロリーより

摂取カロリーの方が多くなってしまい

体重の増加や肥満などを引き起こし

心疾患やその他の病気のリスクが

高まるといわれています。

 

仕事が立て込んできた

ストレスから解放されようと

特にスイーツなどを

食べ過ぎてしまう人もいれば

仕事に集中し過ぎて水分の摂取が

不足してしまう人もいるので

仕事が忙しいときほど、

食生活に気を付けた方がいいですね。

 

◆今すぐできるちょっとした対策

 

フリーランスも会社員も

職場でできるちょっとした

対策をご提案します!

 

・定期的に休憩をはさみ、席を立つ

 

集中しているときや

仕事が立て込んでいるときは

長時間、同じ姿勢で

仕事をすることになります。

 

休憩を忘れないように

45分仕事をしたら、

15分休憩するというように

休憩をはさむタイミングを

決めておくのがおすすめです。

 

休憩をするときは席を立って

飲み物をいれたり、

ストレッチをするなど

ちょっとした運動を心がけましょう。

 

・作業する場所をわける

 

たとえば、プリンターとパソコンを

離れた場所に設置したり

オフィスや自宅では

固定電話から

離れて仕事をするなど

用事があるときは立って歩くくらいに

作業場をわけるのも

ちょっとした運動になります。

 

デスクの回りですべてを終わらせるよりも

身体を動かすことになるので

試してみる価値あり。

 

歩くことで血行促進につながったり

気分転換ができるので

その後の仕事の

効率アップにもつながります。

 

会社で働いている人は

社内で人に用事を頼むときなどは

内線やメールで用件を伝えるのをやめて

席を立って直接伝えにいくのも効果的です。

 

いかがでしたか?

 

ほんのちょっとのことですが

同じ姿勢での座り仕事を続けないために

少し運動することを心がけるだけで

心身ともにリフレッシュできるはずです。

 

ぜひ、ちょっとした運動を

取り入れてみてください。


Recent Posts