フリーランスが休みを確保するための仕事術 ~値上げをする前に、上げるべきものとは!?~

 In ブログ

フリーランスは

働き方も時間の使い方も自由。

 

だからこそ

 

休日返上で働いてしまうことも

ありますよね。

 

だけど、

休息をとる時間がないと

心身ともにボロボロに

なってしまいます。

 

そこで今回は

 

フリーランスが仕事の

クオリティーを維持しながら

休む時間をつくる仕事術

 

についてお伝えします!

 

◆クライアントへの単価を上げるより、
先に上げるものとは?

 
休む時間をつくるということは

 

今まで仕事にあてていた時間が

減る

ということです。

 

つまり

 

今までよりも短時間の労働で

今までと同じ

またはそれ以上の利益を出す

 

ということです。

 

それって、

「単価を上げよう!」

ってこと?

 

だけど、そんな要望が通るのかな?

 

いえいえ、そうではありません。

 

単価を上げるのではなく

 

1時間当たりの仕事の量と

質を上げるんです!

 

そのための

4つのステップをご紹介します。

 

1.どれだけ時間が
かかっているのかを記録する

 

フリーランスは、本業以外にも

さまざまな作業があります。

 

その作業にどれだけの

時間がかかっているのか

把握することから始めます。

 

たとえば

  • 請求書や見積書を発行するなどの事務作業
  • アイデアを練って企画書を書く
  • 売上が発生する仕事(カメラマンなら撮影、ライターなら原稿を書く)
  • 仕事の打ち合わせや新しい人と出会う
  • 仕事の資料集め、勉強、スキルアップ

 

売上が発生する仕事以外にも

いろいろな作業や仕事があります。

 

それらの作業にかかった時間を

記録しておくだけでOKです。
 
2.働く時間を決める

 

次に、希望する労働時間を決めます。

 

(例)9時~18時までの9時間×5日/週=45時間/週

 

作業名とかかる時間を

当てはめていけば

 

45時間でできる仕事量が見えてきます。

 

さらに

売上につながる仕事の

金額も算出すれば

 

1週間にあげられる売上が見えてきます。

 

3.1時間あたりの量を見直す

 

記録をとってみると、

作業に対する意識が変わります。

 

スピードアップするための

効率的な進め方を工夫すれば

 

1時間あたりにこなせる

仕事量が増えます。

 

ただし、スピードアップには

限界があるので

 

事務作業を外注して

利益があがる仕事を増やすのも◎。

 

4.スキルアップで質を向上させる

 

利益があがる仕事を増やしたり

仕事のスピードアップをはかることで

 

今までよりも、

1時間あたりの仕事の量や

質が上がります。

 

さらに

仕事をしない時間をつくることで

 

スキルアップに

あてる時間も増えます。

 

心身を休めてリフレッシュするとともに

人と会ったり、勉強をするなどして

仕事のスキルを磨きましょう。

 

すると質の高い仕事ができるようになり

結果的に単価が上がることもあります。

 

いかがでしたか?

 

フリーランスとして働く人が

心身ともに健やかで自由に働けるよう

 

この記事がお役に立てればうれしいです。


Recent Posts