フリーランスのための夏バテ防止法 ~3つの予防策とコワーキングスペースの使い方~

 In ブログ

フリーランスは身体が資本!

 

ということで

 

夏の暑さに負けないように

 

自分でできる夏バテ防止策と

 

コワーキングスペースを使った

対策をお伝えします!

 

1.冷房対策をする

 

カフェなどの飲食店は

来店したときに涼しく感じられるように

室内の温度をかなり下げています。

 

ですから、食事やカフェで

使用する分にはOKでも

 

仕事や打ち合わせなどで長く滞在すると

 

すっかり身体が

冷えてしまうので注意しましょう。

 

それ以外にも電車や取引先などでも

冷房がきいていることもあるので

 

上着やストールなどを持ち歩いたり

 

暑いときはジャケットや

カーディガンを脱ぐなど

 

調節しやすい服装を

心掛けるのも効果的です。

 

2.冷たい物を摂り過ぎない

 

暑いからといって

冷たい物ばかりとっていませんか?

 

アイスコーヒーなどの冷たい飲み物

そうめん、そば、冷やし中華

 

などの冷たい食べ物。

 

のどごしは良いけれど

冷たい物ばかり摂っていると

 

身体が冷えておなかを壊したり

 

内臓への負担が

大きくなってしまいます。

 

「夏に疲れやすい」と感じる人は

飲み物を冷たい物から常温にかえたり

 

温かい食べ物を

摂るように心掛けるだけで

 

体調の変化を感じられますよ!

 

3.運動不足を解消する

 

フリーランスが抱える悩みのひとつに

運動不足があります。

 

もちろん、仕事の内容によって違いますし

 

意識して運動をしている人もいるので

一概にそうだとはいえません。

 

ですが

普段から運動不足の人にとっては

 

夏は余計に運動を

したくない時期ですよね?

 

だけど、実は……

夏の運動不足は危険なんです!

 

冷房がきいた部屋の中での

仕事がメインで

 

運動をせずにいると

 

体力や筋力が衰えてしまいます。

 

「なんとなくだるい」という状態が続き

 

暑さを感じていなくても

夏バテになってしまいます。

 

そんなときに、

プライベートや仕事の付き合いで

 

バーベキューや海水浴、

野外フェスなどの

 

夏ならではのイベントに行くと……

 

普段の生活とのギャップに

身体がついていかず

 

倒れてしまうこともあるので

 

要注意です!

 

さらに

室内と野外の気温の差が激しく

 

紫外線による日焼けのダメージもあり

 

疲れが身体に残ってしまうのも

夏の特徴です。

 

日常生活に戻ったときに

仕事のペースが落ちることもあるので

 

普段から少しずつ運動をして

体力をつけておきましょう。

 

◆夏バテ防止のコワーキングスペースの使い方

 

自宅にこもって仕事をするのではなく

コワーキングスペースに通うだけでも

 

夏バテ防止になります。

 

スタミナがつきそうな

ランチを見つけたり

 

利用者同士で情報交換を

するのもおすすめです。

 

その他にも、

仕事の合間にウォーキングや

ストレッチをするなど

 

夏バテに負けない

身体づくりをしてくださいね。


Recent Posts