猛暑だからこそ知っておきたい! 熱中症の症状と処置方法

 In ブログ

暑い時期に気をつけるべき「熱中症」

対策はされていますか?

 

今回は、熱中症が起こる理由から

処置方法まで

 

夏に知っておくべき

熱中症対策をお伝えします!

 

◆熱中症は、なぜ起こる?

 

熱中症が起こるのは、

身体の中の熱のバランスが

崩れたときです。

 

身体には、熱を作る働き(産熱)と

身体の外に熱を逃がす働き(放熱)の

2つの働きがあります。

 

その2つのバランスが

とれているときは問題ありませんが

 

どちらかに偏ってしまったときに

熱中症が起こります。

 

◆4つの症状と処置方法

 

1.熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、

脳血流が減少します。

 

主な特徴は、めまい、顔面蒼白、

一時的な失神などがあります。

 

処置方法は、まずは涼しい場所に運び、

衣服をゆるめて寝かせます。

 

その後、水分を補給すれば

通常は回復します。

 

2.熱けいれん

大量に汗をかいたときに、

水だけを補給した場合に

けいれんが起こります。

 

血液中の塩分(ナトリウム)濃度が

低下したのが原因です。

 

主に、足、腕、腹部に痛みを感じる

けいれんが起こります。

 

その他に、筋肉痛や手足がつるといった

症状が出ることがあります。

 

処置方法として、

生理食塩水(0.9%の食塩水)を

補給します。

 

3.熱疲労

大量の汗をかき、水分の補給が

追いつかないときに起こる脱水症状です。

 

特徴は、全身の倦怠感、嘔吐、頭痛、

集中力の低下など。

 

処置方法は、熱失神と同じく

涼しい場所に移動して、

水分補給をします。

 

4.熱射病

体温が上昇したために中枢機能に

異常をきたした状態です。

 

応答が鈍い、意識がなくなる、

言動がおかしいなどの意識障害や

ショック状態になる場合もあり、

死の危険があります。

 

主な特徴は、体温の上昇、意識障害、

呼びかけに対する反応の鈍さ

言動が不自然になる、ふらつきがある

といった症状が出ます。

 

処置方法は、病院への搬送が先決です。

 

死の危険がある状態なので、一刻も早く

病院に運ぶ必要があります。

 

また、早く体温を下げて

意識を回復させることが重要なので

身体を冷やす処置をしましょう。

 

全身に水をかけたり、濡れタオルをあてて

身体を冷やします。

 

首すじ、脇の下、大腿部の付け根などの

大きな血管がある部分を

水や保冷剤で冷やすのも効果的です。

 

足を高くして、手足を末梢から

中心部に向けて

マッサージをするのも有効です。

 

吐き気や嘔吐などで

水分補給ができない場合は

病院で点滴を受けるという

処置方法があります。

 

熱中症は室内にいても起こる症状です。

 

就寝時や室内で仕事をするとき

また、仕事で外出するときや通勤、

プライベートで出かけるときなども

 

身体の状態を意識して、

早めに水分補給をしたり

 

涼しい場所で過ごすようにしてください。

 

健やかに夏を過ごせるように

この記事が少しでも役立てばうれしいです!

 

くれぐれも、熱中症にはお気をつけください。


Recent Posts