コミュニケーションのトラブルを回避しよう! フリーランスが気をつけるべき質問

 In ブログ

フリーランスや経営者は

 

初対面の人

会うことが多いですよね。

 

ところで

初対面の人に何気なく言ったことで

 

ムッとされたり

 

質問をしたら

 

表情がくもってしまった……

 

という経験はありませんか?

 

初対面の人や

まだそれほど親しくない人とは

 

お互いにどんな人なのかが

わからないからこそ

 

気をつけた方がいい話題もあります。

 

今回は、初対面の人と出会ったときに

気をつけるべき質問について

お伝えします。

 

1. 収入に関する質問

 

自営業をしている人なら

一度はたずねられたことが

あるのではないでしょうか?

 

「その仕事で食べていけるんですか?」

 

「その仕事1本で

やっていけるんですか?」

 

という、収入に関する質問です。

 

初対面に限ったことではありませんが

この質問を失礼だと

感じる人は多いです。

 

なぜなら

 

「この人は、独り立ちできるだけの

収入がないだろうな」

 

と、思われているように感じるからです。

 

それに、たとえ十分な収入を

得ている人であっても

 

初対面の人に収入を答える人は

まずいないでしょう。

 

ですから、お金に関する質問

しない方がいいですね。

 

2. プライベートに関する質問

 

相手のことを知りたいからこそ

いろいろな質問をしたくなるもの。

 

ですが

その人にとって

 

どんな話題がタブーなのか

わからない段階では

 

質問も慎重に選ぶ必要があります。

 

たとえば

 

・年齢
・未婚or既婚
・家族(親、兄弟、配偶者、子供の有無など)

 

これらの質問は

初対面の話題として

ポピュラーですが

 

聞かれたくない事情が

ある場合もあります。

 

ですから

その人のプライベートを

知りたいときは

 

趣味や休日の過ごし方を

たずねるといいでしょう。

 

共通の趣味が見つかれば

その話題で

盛り上がるのもいいですよね。

 

仕事やプライベートを

通して親しくなれば

 

身の上話や

もっと個人的な話に

なることもあるので

 

初対面のときは

気軽に答えられる

質問をしましょう。

 

3. 仕事のノウハウに関する質問

 

ノウハウとは

試行錯誤を重ねて

築き上げたものです。

 

それなのに

初対面の人からいきなり

 

「集客の方法は?」

 

「この取材はどんな経緯で

話が来たのですか?」

 

というような質問をされると

 

「自分の仕事に

取り入れようとしているんだな」

 

と、警戒されてしまいます。

 

純粋にその人のことを知りたい

という思いがあっても

 

相手もあなたのことを

知らないので

 

「失礼な人」という

印象を与えてしまうなど

 

誤解やトラブル

生じることがあります。

 

段階を踏んで

親しくなれるように

 

初対面では

仕事の内容や趣味の話など

 

相手が答えやすい

質問を選びましょう。


Recent Posts