フリーランスの遅めの夏休み ~仕事につながる休暇の過ごし方3つ~

 In ブログ

残暑が厳しくなってきましたね。

 

遅めの夏休みをとっている

フリーランスの方も多いのではないでしょうか?

 

だけど、

 

仕事が気になって休めない……というのも

フリーランスの本音ですよね。

 

休む = 収入がない

 

というのがフリーランスのツラいところで

 

どんなときも仕事が頭から離れないのも

仕方がないといえます。

 

それでも、リフレッシュは必要です。

 

そこで今回は、

 

仕事につながる夏休みの過ごし方をご提案します!

 

  • 仕事をしたい地域のイベントで人脈をつくる

 

「仕事がしたいけど、コネがない」という場所に

 

思いきって行ってみましょう。

 

関西在住なら東京や九州に行ってみるなど

 

観光を兼ねてその土地を知りながら

 

新たな人脈を広げる旅に出るのはいかがでしょうか?

 

そのときのポイントは

 

事前の情報収集です。

 

どこに行くのか決めてから行動することで

 

せっかくの休暇や時間を無駄にしません。

 

たとえば

 

・興味があるセミナーを受講して、懇親会まで参加する

 

・ドロップインができるコワーキングスペースに行く

 

・フリーランスが集まる交流会に参加する

 

・読書会やワークショップなど興味が似ている人が集まる場所に行く

 

というように

 

事前に興味があるイベントや場所などを

 

リサーチしておきましょう。

 

名刺やフライヤーなどの宣伝ツールと

自己紹介代わりに配れる

 

地元の手土産(個包装のお菓子など)があれば

 

人脈をつくりやすいです。

 

  • アートや自然に触れる

 

街の博物館や美術館などで開催されている

 

アートの展示会に行くのもいいですが

 

自然を感じられる場所に行くのもおすすめです。

 

たとえば

 

芸術的な建造物が島のあちこちにある

 

瀬戸内海の直島やしまなみ海道など

 

自然とアートの両方を楽しめる場所が増えていますよね。

 

自然に触れることで新たなアイデアがわいてきたり

 

今後のビジョンについても考えられるので

ゆったりとしたスケジュールで

 

自然とアートを満喫するのがおすすめです。

 

 

  • 旅行日記を書く

 

夏休みに訪れた場所の旅行日記を

 

ブログ、Facebook、Instagramなどで書きます

 

仕事とは関係がなくてもOK。

 

詳細に旅をレポートすることで

 

新しい読者が増えることもあります。

 

検索エンジンからブログにたどりつく人がいたり

まとめサイトやネットニュースで

取り上げられるなんてこともあるかもしれません。

 

役に立つ情報や美味しそうな料理画像などは

 

拡散されやすいという特徴があります。

 

なので、旅行日記を書くことを考えて

 

オシャレな写真が撮れるように工夫したり

 

メモをとっておくといいですね。

 

いかがでしたか?

 

「リフレッシュしながら仕事につなげる」という目的があれば

 

休みをとる罪悪感もなくなるはず。

 

遅めの夏休みをとって

 

秋からの仕事にそなえましょう。

 


Recent Posts