半年間の振り返りに必要なのは、結果ではなくプロセスである理由

 In ブログ

今年の前半を振り返ってみて

 

計画通りに進んでいることもあれば

 

全然ダメだと感じていることも

 

あるのではないでしょうか。

 

 

目標や計画を修正するために

 

結果を重視してしまい

 

これまで頑張ってきたプロセスは

 

あまり評価しないという人も

 

多いかもしれません。

 

 

特に、思っていたような結果が出ないときは

 

プロセスよりも結果がすべてに

 

なってしまうこともあるでしょう。

 

 

ところが、プロセスを重視することが

 

残りの半年の成果につながるとすれば

 

どうでしょうか?

 

 

今回は、プロセスを振り返ることの

 

重要性についてお伝えします。

 

 

 

・プロセスを評価することで結果が変わってくる!

 

アメリカの心理学者がこんな実験をしました。

 

 

リトルリーグに所属している子供たちに

 

複数のコーチをつけて指導をします。

 

 

コーチの指導方針と勝率の関係性を調べたところ

 

子供たちの努力を褒めながら

 

指導したコーチの勝率は52.2%で

 

褒めずに指導したコーチの勝率は46.2%

 

という結果になりました。

 

 

この実験からわかるのは

 

プロセスを褒めるという行動が

 

成果につながったということです。

 

 

・過程を見つめることが自信と意欲につながる

 

それだけでなく

 

努力を褒めてもらえた子供たちは

 

野球が楽しい

 

コーチが好き

 

自分に自信がある

 

と、回答したのです。

 

 

フリーランスで働く人は

 

努力やプロセスをつぶさに観察して

 

褒めてくれる存在がいません。

 

 

自分の仕事を一番近くで見ているのは

 

上司や先輩、クライアントではなく

 

自分自身だといえます。

 

 

この実験の結果から

 

結果だけでなくプロセスを評価することで

 

仕事が楽しい!

 

自分に自信がある!

 

と、自信を持って仕事に取り組めるようになるので

 

今年後半の成果を上げるためにも

 

自分で自分を褒めることが肝心です。

 

 

・「できたこと」に目を向けて振り返る

 

これまでのプロセスを

 

いつどんなことをしたのか

 

振り返るだけでなく

 

「これをしているときは楽しかった!」とか

 

「トラブルにもうまく対処できた」というように

 

その時々で感じたことや、

 

「できたこと」に目を向けてみるのがおすすめです。

 

 

そうすることで

 

自分の得意分野に気づいたり

 

プロセスを褒めやすくなったりします。

 

 

ひとりではうまくできないという場合は

 

この半年間のプロセスを発表する機会を

 

コワーキングスペースで作るのもいいですね。

 

 

人からプロセスを褒めてもらうことで

 

新たな自信と意欲が生まれ

 

今年後半の良いスタートが切れそうです!


Recent Posts