スポーツの秋! フリーランスのための「ロコモ」予防法とは?

 In ブログ

10月8日は、「体育の日」の祝日です。

 

スポーツにぴったりの季節になりました。

 

 

フリーランスで仕事をしていたり

 

パソコンを使って仕事をしていたりすると

 

つい運動不足になってしまう・・・・・・

 

という人は多いのではないでしょうか。

 

 

今回は、ロコモティブシンドロームにならないための

 

運動不足解消法についてお伝えします!

 

 

 

・「ロコモティブシンドローム」とは?

 

 

ところで、「ロコモティブシンドローム」をご存知ですか?

 

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは

 

運動器の障害のために移動機能が

 

低下した状態をいいます。

 

 

筋肉、骨、関節、椎間板などの運動器のいずれか

 

またはその複数に障害が起こると

 

立ったり、歩いたりする機能が低下してしまいます。

 

 

進行すると日常生活に支障が出たり

 

介護が必要になる危険性が高まったりします。

 

 

 

・簡単にできるロコモチェックをしてみよう!

 

元々、ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ)は

 

これから超高齢化社会になることを見据えて

 

健康で過ごすためにも運動器の低下を防ごうと

 

提唱されたものです。

 

 

今はまだ若いから大丈夫!

 

と思っていても

 

長年の運動不足がたたって

 

足腰が弱ったり、調子が悪くなったりすることもあります。

 

 

だからこそ、健康で体力があるうちから

 

取り組むことが大事です。

 

 

まずは今の体の状態を知るために

 

簡単にできるロコチェックをしてみましょう。

 

(当てはまるものにチェックしてください)

 

 

・靴下が片脚立ちで履けない

 

・家の中でつまずいたり、滑ったりすることがある

 

・階段を上がるときに手すりが必要である

 

・2㎏程度(牛乳パック2本)の荷物を持つのがつらい

 

・15分続けて歩けない

 

 

 

いかがでしたか?

 

1つでも当てはまる人は

 

ロコモティブシンドロームの可能性があります。

 

 

また、「片脚立ちで靴下は履けるけどよろける」とか

 

「できないわけではないけれどすごく疲れる」というのも

 

ロコモ予備軍だといえるでしょう。

 

 

 

・ロコモを予防するために日常生活でできること

 

日常生活に取り入れられる運動から始めましょう!

 

まず、両足でまっすぐに立った状態で

 

かかとを上げて、ゆっくりと下ろします。

 

 

これを10~20回繰り返せば

 

ふくらはぎの筋力を鍛えることができます。

 

 

ほかにも、下半身の筋力を鍛える

 

スクワットがおすすめです。

 

 

歯磨きをするときや

 

仕事で気分転換をしたいときなどにも

 

気軽に取り入れることができます。

 

 

このように習慣化することで

 

ロコモ予防ができるので

 

ぜひ、日常生活に取り入れてみてください。


Recent Posts