新社会人に教えたい! 人と親しくなるための2つの報酬

 In ブログ

クライアントの担当者が変わったり

 

職場やコワーキングスペースに

 

新しい人が入ってきたりと

 

春は人の入れ替わりが多くなります。

 

 

仕事関係の人とは

 

できるだけ早く親しくなりたいけど

 

何を話したらいいのかわからない・・・・・・

 

そんな人のための

 

コミュニケーション術を紹介します。

 

 

 

・近くにいるだけでOK!? 親しくなる2つの段階とは?

 

サービスや商品に対して

 

金銭を払うことを

 

社会的交換といいます。

 

 

その社会的交換で得られたものを

 

「社会的報酬」と呼びます。

 

 

報酬は金銭だけでなく

 

コミュニケーションも含まれます。

 

 

社会的報酬には2つの段階があり

 

その段階によって与える報酬(=接し方)が

 

違うのが特徴です。

 

 

つまり、相手との親しさによって

 

与える社会的報酬を選ぶことで

 

良い関係作りができるということです。

 

 

・緊張している新人には良い刺激を与えるべし!

 

初対面や親しくない段階に交換する報酬を

 

「刺激性報酬」といいます。

 

 

刺激性報酬には4つの項目があります。

 

 

・他者が存在する(そばにいる)

 

・他者による注視(注目される)

 

・他者の反応(質問に答えてくれる)

 

・他者の働きかけ(話しかけてくれる)

 

 

この刺激性報酬で考えると

 

たとえ初対面の人と話すのが苦手でも

 

相手の目を見て話したり

 

そばに座ったり

 

質問に答えたりするだけで

 

相手が安心するのです。

 

 

この段階では、相手を無視しないことが大事です。

 

 

相手が新人で緊張しているときなどは

 

あなたのほうから声を掛けたり

 

挨拶をしたりするだけで

 

少しずつ信頼関係を築いていけますよ。

 

 

・存在するだけではダメ? もう一歩進んだ関係作りをしよう

 

刺激性報酬である程度の関係作りができたら

 

次は、「感情性報酬」の段階に入ります。

 

 

家族や友達などの身近な人との関係で

 

交換しているのがこの感情性報酬です。

 

 

 

感情性報酬にも4つの項目があります。

 

・尊重(自分の存在を尊重してくれる)

 

・賞賛(褒めてくれる)

 

・同情(理解、共感してくれる)

 

・愛情(愛情を注いでくれる)

 

 

特に立場が上の人から

 

存在を認めてもらえたり

 

意見を最後まで聴いてもらえたりすると

 

「尊重されている」と感じられます。

 

 

賞賛では、その人の個性や特徴といった

 

ほかの人にない部分を褒められると

 

より大きな報酬となります。

 

 

また、報酬を受け取ると

 

同じだけのものを返したいと感じます。

 

これを、「返報性」といいます。

 

 

お互いの良いところを認め合い

 

気持ちを理解しようとしているうちに

 

信頼関係が深まっていくのです。

 

 

一緒に仕事をする人や

 

もっと親しくなりたい人との関わり方に

 

活用していただけるとうれしいです!


Recent Posts