「呼吸」を変えて、初夏のプチ不調を乗り切る方法

 In ブログ

いよいよ夏がやってきました。

 

この時期になると

 

食欲不振や不眠

 

疲れやすくなるなどの

 

夏バテやプチ不調を感じる人も

 

多いのではないでしょうか?

 

 

今回は、そんなプチ不調から脱出して

 

夏を乗り切る方法をお伝えします!

 

 

 

・体調不良がもたらすメンタルへの影響とは?

 

体がだるかったり、疲れやすくなったりすると

 

気力はあるけど体が動かない

 

という状態になります。

 

 

すると、「もっとできるはずなのに」と感じて

 

できない自分を責めてしまうことも……。

 

 

このように、

 

体調不良は精神にも大きな影響をおよぼします。

 

 

また、体調が悪いときは

 

思考がネガティブになる傾向があるので

 

疲れているときは考え過ぎないで

 

体を休ませるのも大事なことです。

 

 

・「呼吸」で心と体を落ち着かせる

 

そんなプチ不調を感じているときは

 

呼吸に注目してみてください。

 

 

緊張しているときや

 

戦闘モードになっているときは

 

呼吸が浅く、早くなるといわれています。

 

 

呼吸が浅くなっていることに気づいたら

 

呼吸に意識を向ける瞑想をするのがおすすめです。

 

 

その理由は……

 

落ち着いて呼吸をすることで

 

自律神経を整える働きがあると

 

いわれているからです。

 

 

腹式呼吸を何度か繰り返していると

 

気持ちが落ち着いてくるので

 

仕事のことで頭がいっぱいになったときや

 

思考がネガティブになったときは

 

5分ほど「呼吸休憩」をしましょう。

 

 

・呼吸に意識を向ける、「集中瞑想」とは?

 

集中瞑想は瞑想のひとつで

 

何かひとつの作業に集中して

 

雑念を取り去るものです。

 

 

イスに浅く腰をかけて

 

背筋をピンと伸ばして行います。

 

 

オフィスやコワーキングスペース

 

電車の中や自宅でも気軽にできますよ。

 

 

姿勢が整ったら

 

目を閉じて呼吸に集中します。

 

 

腹式呼吸を心がけて

 

おなかがふくらんでいく様子と

 

息を吐いておなかがへこんでいくのを感じます。

 

そして、「いーち、にーい」というように

 

呼吸の数を心の中で数えます。

 

 

呼吸の様子と回数に意識を向けることで

 

余計なことを考えなくなり

 

頭の中がスッキリしますよ。

 

 

 

緊張しているときや

 

リラックスしたいときに

 

意識して呼吸をしてみましょう。

 

 

ここでのポイントは

 

深呼吸ではなく

 

普段通りの呼吸を繰り返すことです。

 

 

蒸し暑くて眠れないときは

 

あおむけにベッドに寝て

 

楽な姿勢で呼吸を整えるといいですよ。

 

 

集中瞑想をすることで

 

体の状態にも敏感になるので

 

早めに夏バテ対策ができそうです。

 

 

1日5分でも

 

自分自身の体と心と向き合う時間を作って

 

夏バテをしない生活を送りましょう。


Recent Posts