夏の疲れを撃退! モチベーションを上げる方法

 In ブログ

一緒に仕事をする人が

 

まだ夏バテで調子が悪いみたい・・・・・・!

 

そんなことは、ありませんか?

 

 

少し秋らしさを感じられるように

 

なってきましたが

 

季節の変わり目は

 

体調が悪くなったり

 

モチベーションが下がったり

 

しやすい時期ですよね。

 

 

そこで今回は

 

一緒に仕事をするチームの人や

 

クライアント

 

そして、自分自身の

 

モチベーションを上げる方法を

 

お伝えします!

 

 

・1対1で話す時間を作る「対話」

 

モチベーションを上げるには

 

いくつかの段階があります。

 

 

その一段階目として

 

まずは、その人の現状や抱えている問題について

 

1対1で話す時間をとりましょう。

 

 

ただ話すというよりも

 

「対話」することが大事です。

 

 

その人と正面から向き合い

 

お互いを理解するために話すことを

 

「対話」といいます。

 

 

相手の状況や本音が知れるのはもちろん

 

「きちんと向き合いたいと思っている」

 

という姿勢が伝わります。

 

 

その真剣な思いが姿勢から伝わると

 

相手が安心して話せるようになり

 

信頼関係が築けます。

 

 

・チームが一丸となることでモチベーションUP!

 

体調もやる気も人それぞれ。

 

得意分野も任されている仕事も違うから

 

納期に間に合えば個人主義でOK!

 

そんなチームもあると思います。

 

 

ですが、それではモチベーションを

 

維持するのが難しくなってしまいます。

 

 

ですから、「一緒に成果を上げよう!」と

 

チームで目標を立てて

 

コミュニケーションをとりながら

 

進めるのがおすすめです。

 

 

全体の士気が上がることで

 

モチベーションも維持できそうです。

 

 

・やはり「褒め」の効果はスゴイ!

 

モチベーションを上げるのに効果的なのは

 

やはり褒めることです。

 

 

ただ、褒めるのが苦手な人や

 

褒められても素直に受け取れない人も

 

多いのではないでしょうか?

 

 

やる気を出させるために

 

言っているのでは?

 

と勘ぐられるということも・・・・・・。

 

 

ですから、相手を褒めるときは

 

自分の感情を伝えるといいですね。

 

 

 

たとえば・・・・・・

 

自分では気づかなかった細かい部分を

 

指摘してくれたから

 

ミスが防げました。

 

 

というように

 

事実を伝えるだけでも十分です。

 

 

「◯◯さんは、よく気がつく人ですね!」

 

と褒めるよりも

 

自然で伝えやすいかもしれません。

 

 

ポイントは、できるだけ具体的に伝えることです。

 

 

また、相手を褒めると

 

相手もあなたの良いところを

 

伝えたいと感じます。

 

 

これを、「好意の返報性」といいます。

 

 

お互いに褒め合うことが

 

やる気のアップにもつながるので

 

ぜひ、身近な人から良いところを伝えてみてください。

 

 

いかがでしたか?

 

今回は、無理なくモチベーションを上げる方法を

 

お伝えしました。

 

 

とはいえ

 

まだまだ夏の疲れが残っている時期なので

 

体調にはくれぐれも気をつけてくださいね!


Recent Posts