年末年始は冬ごもり! 正月休みを有意義にする読書術

 In ブログ

慌ただしかった12月が終わり

 

新年を迎えるお正月休み。

 

有意義に過ごすために

 

年末年始に読書はいかがですか?

 

 

今回は、お正月休みにおすすめの

 

読書術についてお伝えします。

 

 

・お正月は長編小説を読むチャンス!

 

まとまった時間がとれる正月休みは

 

長編小説を読むのにぴったりです。

 

 

ダラダラとテレビを見て過ごしてしまう

 

という人は

 

集中して読書をするのがおすすめ。

 

ひとつの行動に集中する時間をつくることが

 

仕事での集中力UPにもつながるからです。

 

 

長編小説を読むのが苦手な人は

 

お正月映画の原作を読むといいですよ!

 

 

先に映画を見てから小説を読めば

 

イメージがわきやすいですよね。

 

 

反対に、小説を読んだ直後に映画を見て

 

違いを考察するのも楽しそうです!

 

 

・ビジネス本で新年のスタートダッシュを切る!

 

お正月くらいは休みたい。

 

だから、仕事に関する本は読みたくない!

 

という人も多いかもしれません。

 

 

ビジネス本や仕事に関連する本は

 

仕事へのモチベーションを上げてくれます。

 

 

新年になっても仕事モードにならず

 

取り組むのがツライときも

 

読書をしているうちに

 

自然と意欲がわいてきそうです。

 

まだ仕事モードの年末のうちに

 

ビジネス本を購入しておくと

 

いいかもしれません。

 

 

・おもしろい本は、読書好きに教えてもらう!

 

読書が好きなクライアントや友達から

 

最近読んでおもしろかった本を

 

教えてもらうのもいいですよ。

 

 

その本のあらすじや内容を教わるだけでなく

 

おもしろいと思った部分や

 

共感できたかどうかなど

 

その人がどのように感じたのか

 

質問してみるといいでしょう。

 

 

本を通して相手の考えを知ることで

 

その人に対する理解が深まります。

 

同じ本を読んで感想を伝えれば

 

相手もあなたの内面がわかり

 

これまでよりも信頼関係が強くなるでしょう。

 

 

ただし、せっかくおすすめ本を教えてもらったのに

 

読んでいないとわかると

 

相手はガッカリしてしまいます。

 

 

ですから、おすすめの本を何冊か教えてもらい

 

興味が持てそうな1冊を選んで

 

読むようにしましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

 

職場やコワーキングスペースで

 

課題図書を決めて

 

みんなで同じ本を読むのもいいですよ。

 

 

休み明けに感想を言い合えば

 

仕事に対するモチベーションも上がり

 

わかり合える関係も築けて

 

良い1年のスタートになりそうですね。


Recent Posts