いつもよりバテやすい!? ウィズコロナの夏バテ対策とは?

 In ブログ

いよいよ本格的な夏がやってきました。

 

夏バテはしていませんか?

 

 

実は、今年の夏は例年よりも

 

夏バテをする可能性大なんです!

 

その理由は、新しい生活様式にあります。

 

今回は、ウィズコロナの時代の夏バテ対策をお伝えします。

 

 

 

・いつもの夏よりバテやすい理由とは?

 

新型コロナウィルスが猛威をふるい

 

3月頃から外出自粛が始まりました。

 

 

緊急事態宣言が解除されてからも

 

新しい生活様式へと移り

 

今までと生活や仕事のやり方が変わりましたよね。

 

 

在宅での仕事が増えたことと

 

外出する機会が減ったこと。

 

この2つが今年の夏にバテやすくなる理由なんです!

 

 

・家にいても危険!? テレワークで気をつけたい点

 

在宅勤務が増え、打ち合わせもオンラインで行うのが

 

今の働き方の主流になりつつあります。

 

暑い夏は冷房がきいている部屋で仕事ができて

 

快適なはずなのですが・・・・・・

 

仕事でもプライベートでも

 

外出することがありますよね。

 

 

危険なのは、その温度差です。

 

室内と屋外の気温の差に体がついていけず

 

体温の調整ができなくなり

 

自律神経が乱れがちになってしまいます。

 

例年の夏よりも外出の機会が少ないからこそ

 

体がその温度差に慣れていないのです。

 

 

対策としてはエアコンと扇風機を使い分けて

 

あまり部屋を冷やし過ぎないようにするといいですね。

 

ウィルス対策として、換気をするのも忘れずに!

 

 

・運動や移動でバテないためには?

 

外出する機会が減った分

 

体力は落ちるし、コロナ太りしてしまうし・・・・・・

 

ということで、スポーツを始める人も多いと思います。

 

 

ただ、ウォーキングやランニングをするとき

 

それから電車などでの移動のときも

 

マスクは必須ですよね。

 

 

暑くて蒸れるマスクも

 

夏バテの原因になるんです。

 

 

だけど、エチケットと感染予防のためには

 

マスクをつけないといけない・・・・・・。

 

そんなときは、スポーツ用のマスクがおすすめです。

 

汗を素早く蒸発させる素材で

 

マスクの内側がサラサラに保てるものが多いようです。

 

 

涼感素材でできているマスクや

 

水で濡らして使用するマスクを使用するのも◎。

 

 

それから、マスクをしていると水分補給の回数が減り

 

熱中症になるリスクも高まるので注意しましょう。

 

こまめに水分補給をしたり、汗をふいたりして

 

体温調整がしやすいように工夫してください。

 

 

夏バテ防止にはこれらの工夫のほかに

 

しっかりと睡眠と栄養をとることが大事です。

 

寝る前にスマートフォンを見ると

 

交感神経が刺激されて

 

自律神経が乱れる原因になります。

 

 

今年の夏バテ対策は

 

家での過ごし方が重要です。

 

心も体も健やかに過ごせるように

 

夏バテ対策をしましょう。


Recent Posts