テレワークで健康に!? 心身が元気になる新しい働き方対策

 In ブログ

緊急事態宣言が解除されて

 

テレワークから出勤に戻った人は

 

多いのではないでしょうか。

 

 

ところが、また感染者数が増えてきて

 

テレワークに戻る・・・・・・ということも。

 

今回はテレワークと職場で働くことの

 

身体的、精神的な違いについてお伝えします。

 

 

・テレワークで健康に!? ◯◯時間が増える理由

 

テレワークをする女性を対象にしたある調査によると

 

テレワーク勤務者の70%以上が

 

6時間以上の睡眠をとっていたそうです。

 

 

それに対して、以前と同じように出勤している人で

 

睡眠時間が6時間を超えているのは約55%でした。

 

 

テレワーク時の睡眠時間が長いのは

 

いつもなら通勤やメイクなどにかかる時間を

 

睡眠にあてられるからだと考えられます。

 

 

テレワークをしたほうが睡眠時間をしっかり確保できて

 

健康になれるかもしれません。

 

 

・メイクをするだけで仕事がうまくいく理由

 

また、オンライン会議の参加時に

 

メイクをする人は約65%でした。

 

 

家から出ない日にメイクをするのは面倒ですが

 

すっぴんとメイクをしている状態では

 

人との接し方が変わるんです!

 

 

メイクをすることで自信がわいてきて

 

積極的に人と話したり、表情が豊かになったりする

 

という効果があるといわれています。

 

 

また、メイクをする過程で

 

仕事のスイッチが入るので

 

自宅でもダラダラせず

 

集中して仕事に取り組むことができます。

 

 

男性の場合は、ネクタイを締めたり

 

ひげをそって髪をセットしたりするのが◯。

 

 

 

・新しい働き方の落とし穴と対策

 

コロナ対策として時間差出勤や

 

テレワーク日と出勤日を作る企業も多いです。

 

 

同じ部署内でテレワークをする人と

 

出勤している人がいる状態を

 

「まだらテレワーク」といいます。

 

 

職場に人が集中するのを防ぎ

 

通勤ラッシュが緩和されるので

 

良い働き方のように思えますが

 

これが不安につながってしまうこともあります。

 

 

テレワークでは上司と顔を合わせていないことから

 

正当に評価されていないのではないかと

 

心配になってしまうのです。

 

 

特に、まだらテレワークの場合は

 

「出勤している人だけが優遇されるのでは?」

 

と、焦ったり、疑心暗鬼になったりすることもあるようです。

 

 

また、出勤している人達が楽しそうに会話しているのを

 

画面越しに見ると疎外感をおぼえます。

 

 

精神的な負担を軽減する対策として

 

チーム全体で情報を共有したり

 

オンラインやメールで用件だけを伝えるのではなく

 

世間話や近況報告をするなど

 

意識的にコミュニケーションをとるのがおすすめです。

 

 

新しい働き方と上手に付き合って

 

心身ともに元気に過ごしたいですね!


Recent Posts