働き方に合ったコワーキングスペースを選ぼう
~【サテライトオフィス型フリーランス】の場合~

 In ブログ

 

働き方や仕事の内容によって

コワーキングスペースの選び方も

さまざまです。

 

今回は、働き方別に

コワーキングスペースを選ぶ

ポイント解説の第2弾!

 

【ケース1訪問型ノマドワーカー】

は前回の記事をチェック

 

【サテライトオフィス型フリーランス】

として働く人のコワーキングスペースの

選び方を解説します。

 

【ケース2】

サテライトオフィス型フリーランス

 

コワーキングスペースを

オフィスとして使用するのが

このケースの働き方です。

 

顧客やクライアントが訪問する

場合もあれば

自宅では集中して仕事ができないため

作業場として使用する人も

このケースだといえます。

 

Webデザイナーやエンジニア

などの技術職、

ライター、翻訳家、イラストレーターなど

あまり場所を移動せずに

作業に集中する職種が

多いのがこのケースの特徴です。

 

≪選ぶポイント≫

・住所の利用ができる

・月額の使用料が安い

・周辺の環境が良い

・コンセント、Wi-Fiが無料で使える

・内装がオシャレで清潔である

・飲食ができる

・ロッカーやコピー機などがある

 

まず、サテライトオフィスとして

利用する場合は

メールや郵便などを受け取れることが

重要なポイントです。

 

たとえ月額料金に

+αの料金が必要だったとしても

オフィスを開設するよりも

格段に安いものです。

 

また、仕事関係の郵便物を

仕事場で受け取れるのは

とても便利だといえます。

 

さらに、サテライトオフィスとして

顧客が訪問する場合は

内装や清潔感も重視するポイントです。

 

その場所があなたのイメージに

つながるからです。

 

来客時に使用できるスペースや

会議室があるコワーキングスペースを

選ぶのも良いですね!

 

一方、来客がなく作業場として

利用する場合は

集中できる環境かどうかがポイントです。

 

たとえ交通の便が良くても

電車が通る音がうるさくて

集中できない場所よりは

少し駅から離れていても静かな

場所の方が適しています。

 

あまり外出しないのであれば

飲食ができるかどうかも

チェックしておくといいでしょう。

 

≪重視しなくてもいいポイント≫

・ドロップインができる

・スペースが広い

・イベントスペースがある

・交通の利便性

・会員数の多さ

 

月額会員としてコワーキングスペースを

利用する場合は

1日だけの利用や時間貸しの料金は

あまり関係ありません。

 

サテライトオフィスとして使用する場合は

いかに自分が快適に

過ごせるかが重要です。

 

自宅から通ったり、顧客が訪問する際には

利便性が良いに越したことはありませんが

それよりも、自分自身が

働きやすい環境かどうかが

重視するポイントだといえます。

 

あなたの働き方に合わせて

コワーキングスペースを選ぶときの

参考にしていただけるとうれしいです。

 
 


Recent Posts