フリーランスのための領収書の書き方 ~5つのポイントを正しく記載する~

 In ブログ

セミナーの受講料や商品の代金として

お金を受け取ったときや

 

仕事に必要な物を買ったときに

必要なのが領収書です。

 

今回は、領収書の書き方について

お伝えします!

 

◆そもそも、領収書とは何なのか?

 

領収書とは金銭を支払ったという事実を

証明するための書類です。

 

つまり、その事実が

証明できるものであれば

 

レシートや請求書、

納品書であっても領収書として

取り扱うことができます。

 

以前お伝えした出金伝票も

領収書としての役割があります。

 

領収書が出なくて困った!
そんなときの「出金伝票」の書き方

 

◆領収書に必要な項目

 

領収書として認められるために

必要な項目です。

 

自分が発行するときも、

支払い後にもらう場合にも

 

項目に抜けているところがないか

確認しましょう。

 

1.日付
領収書を発行した日の日付を記載します。

 

2. 受け取る人の名称(会社名等)
会社名の場合は、㈱などを使わずに
正式名称を記載します。

 

また、「上様」と書かれた領収書は

誰が支払ったのかが証明されないため

 

経費として認められないことが

あるので注意しましょう。

 

3.金額
金額の改ざんを防止するため、
正しく記載することが肝心です。

 

以下の3つのいずれかの書き方であればOK。

 

桁数が改ざんされないように

3桁ごとに「,」をつけるのも忘れずに。

 

¥10,000※
金10,000也
¥10,000-

 

4.但し書き
どんな商品に対して金銭を
支払ったのかを明確に記載します。

 

「お品物代として」といった書き方は

内容が明確ではないので

経費として認められない場合があります。

 

ですから、「○○セミナー受講料として」など

ハッキリと書くことが肝心です。

 

また、納品書がある場合は

セットで保管しておくのもいいでしょう。

 

5.領収書を発行する人(店)の住所と氏名
領収書を発行する人(店)の
住所と氏名を記載します。

 

会社の場合は手書きではなく

社判の押印でもOKです。

 

◆気をつけるべきこと

 

・収入印紙

5万円以上の領収書に関しては

金額に応じた収入印紙が必要です。

 

印紙は領収書を発行する側が準備をして

添付の後に割り印を押します。

 

・保存期間

領収書の保存期間は税法上では7年です。

 

確定申告が終わっても

この期間は保存しておきましょう。

 

◆まとめ

 

領収書とは、いつ誰が何のために

いくらのお金を支払ったのか?という

 

事実を証明するための書類です。

 

それらの項目を誰が見ても

わかるように記載することで

正式な書類として認められるので

 

領収書を発行するとき、

または受け取るときは

 

その場で不備がないか

チェックしてくださいね!


Recent Posts