営業が苦手なフリーランスのための人脈術≪キーパーソン編≫

 In ブログ

営業をするのが苦手な

フリーランスで働く人のための

シリーズ第2弾です。

 

→第1弾≪交流会編≫はこちら

営業が苦手なフリーランスのための人脈術
≪交流会編≫

 

「誰かが自分を

見つけてくれたらいいのに」

 

営業が苦手な人なら、

一度はつぶやいたことがある

言葉ではないでしょうか。

 

なにもフリーランスに限ったことではなく

 

組織に属している人や

恋愛においても同じことが言えますよね。

 

積極的に自分を売り込みたくないけれど

 

存在に気付いて、

魅力を見出してほしい!

 

そんな風に思ったこと、ありませんか?

 

今回は、あなたの代わりに

魅力を広めてくれる

キーパーソンの見つけ方をお伝えします。

 
 

◆人物相関図を書いてみよう

 

まず、手元にA4~A3サイズの紙を用意して

真ん中に自分の名前を書きます。

 

そして、ドラマや映画のように

人物相関図を書いていきます。

 

≪人物相関図の書き方≫

●今の自分とつながりのある人を書き出す

●名前、職業、どのようなつながりなのかを細かく書く

●その人に紹介してもらった人や仕事なども書いて広げていく

●最初に書いた人と紹介してもらった人の関係性も詳しく書く

 

相関図を広げていくと、誰がきっかけで

人脈が広がっているのかがわかり

 

キーパーソンとなる人が見えてきます。

 

仕事を紹介してもらった経験や

SNSでの情報の発信力など

 

あらゆる情報を

書き込んでいくといいでしょう。

 

◆人物相関図からわかる、付き合うべき人とそうでない人

 

交流会などで出会った人の中には

 

「もう付き合いたくない」

 

と感じる人がいるのも

仕方がないことです。

 

その人と関係がある人も

相関図で情報を整理して

 

付き合うべき人とそうでない人を

わけていきます。

 

良い人脈を広げていくためには

そのような取捨選択も必要です。

 

人に見せるものではないので

情報をできるだけ細かく

書いていきましょう。

 

◆キーパーソンへのアプローチを考える

 

キーパーソンが明確になったら

その人に対してアプローチをします。

 

アプローチの仕方はさまざまですが

キーパーソンへの

過度な期待は禁物です。

 

その人が得意なことだけを

お願いするといいでしょう。

 

たとえば

 

人の輪を広げるのが得意で

社交的な人に対しては

 

自分の名刺やチラシなどを渡しておいたり

 

「こんな人と出会いたいだけど、

知り合いにいませんか?」

 

とたずねてみるのもいいでしょう。

 

その人があなたのためにしてあげたい

と思えることがあれば

お願いするくらいのライトさが大切です。

 

また、一方的にお願いをするのではなく

 

「その人のために何ができるかな?」

 

と考えるのもポイントです。

 

ギブ&テイクでなければならない

というわけではありませんが

 

求めるばかりにならないように注意を。

 

そうすれば、さらに良い人間関係

築いていけそうですね!

 


Recent Posts