お正月気分が抜けない…… やる気が出ないときは○○をしよう!

 In ブログ

昨年の疲れをとるために

のんびりと過ごしたお正月

 

十分に英気を養って

新たな年のスタートを

 

切ったはずなのに……

 

お正月気分が抜けなくて

どうにもやる気が起こらない!

 

なんてことはありませんか?

 

年末年始の休暇で乱れた生活リズムを

元に戻すには時間がかかるものです。

 

だけど、しっかりと休む時間も必要です!

 

なかなかリズムが戻らないときは

「今まで頑張っていたんだな」

 

昨年の自分自身の労を

ねぎらってくださいね。

 

そして、

まずは掃除を始めるのがおすすめです!

 

◆掃除をする場所を決める

 

身体を動かしているうちに

気分が乗ってくることがあります。

 

ですから、たとえやる気が出なくても

手を動かしてみてください。

 

掃除をする場所は

トイレかキッチンがおすすめです。

 

その理由は……

短時間で達成感

得られる場所だからです。

 

掃除が終わった頃には

「もっと何かしたい!」

 

という気持ちになって

 

すっかりエンジンがかかっているはず。

 

その状態で仕事にとりかかれば

無理にやる気を出そうとしなくても

スムーズに仕事を始められます。

 

◆掃除ができないときは?

 

自宅やオフィスの掃除ができないときは

書類や資料の整理

するのがおすすめです。

 

必要な物と不要な物にわけて

不要な物を処分します。

 

判断が難しい場合は

とりあえず必要な物に

分類しておきましょう。

 

本格的な整頓をするのではなく

あくまでも

やる気を出すための作業なので

 

単純作業がいいですね。

 

あまり深く考えなくてもできるけれど

達成感がある作業をすることによって

次第にやる気が出てきますよ。

 

◆ルーティンとして習慣化する

 

掃除や資料の整理以外にも

 

「これをすればやる気が出る」

ということを

 

探してみるといいでしょう。

 

それをルーティンとして習慣化することで

やる気のスイッチを

いつでもONにできます。

 

また、メリハリをつけるためにも

 

仕事モードから

プライベートに切り替えるための

 

OFFスイッチも

つくっておくといいでしょう。

 

たとえば

 

・仕事を終える時刻を決めておく
・パソコンの電源を切る
・コワーキングスペースやオフィスから出る
・服を着替える
・習い事をする

 

というように

仕事をしていた場所から移動して

区切りをつけるのがおすすめです。

 

気持ちではなく形式から入れば

自然にその気になってくるものです。

 

新年を迎えたのをきっかけに

 

自分にとってのONとOFFのスイッチ

つくってみてくださいね!


Recent Posts