フリーランスのセルフブランディング! 明確にしておくべき2つの点とは!?

 In ブログ

フリーランスと会社員の違いのひとつに

「営業」があります。

 

自分で営業をしないと仕事がない!

というのがフリーランスのつらいところでもあります。

 

ですが

本当にしたい仕事を選べる

という魅力もあります。

 

それでは

「こんな仕事がしたい」という仕事を選ぶためには

どのような営業をすればいいのでしょうか?

 

今回は、フリーランスが希望の仕事を獲得するための

セルフブランディングについてお伝えします。

 

◆セルフブランディングとは何か?

 

セルフブランディングとは

自分の強みや商品などを明確化して

ブランド力を強化していくことです。

 

セルフブランディングの目的は

仕事の内容を知ってほしい人に届けることです。

 

そのためにターゲットや仕事の内容などを

明確に示していきます。

 

◆目的とターゲットを明確化する

 

新規の営業やビジネスマッチング、

または知り合いからの紹介など

フリーランスの営業の方法はさまざまです。

 

誰かがあなたに仕事を依頼したり

顧客となる人を紹介してくれるとしたら

どんな人を紹介してほしいですか?

 

それが、ターゲットの明確化です。

 

多くの仕事を獲得したいから

ターゲットはしぼりたくないという人も

いるかもしれません。

 

ですが、ターゲットが明確になっていなければ

あなたを誰に紹介すればいいのかわからず

紹介してもらえない……ということもあるのです。

 

ですから

 

自分のサービスや商品を

最も有効に使ってもらえる人をイメージして

ターゲットをしぼっていきましょう!

 

そのときに

あなたが仕事をする目的も一緒に考えると

ターゲットをしぼりこみやすいですね。

 

それでは、ターゲットと目的の例を紹介します。

 

≪職業≫

フリーランスのカメラマン

 

≪目的≫

その人の魅力が自然に伝わる姿を撮影し

集客につなげられるプロフィール写真を提供する

 

≪ターゲット≫

・女性

・教室やサロンを主宰している

・自分の教室やサロンで撮りたい

これまでサービスを受けてくれた顧客を思い出して

ターゲットを細かくしぼっていくのもおすすめです。

 

◆自分にしかできない付加価値を見つける

 

ターゲットが求めるものから

自分が提供できることを付加価値として足していきます。

 

上記の例での付加価値は……

 

・教室やサロンに出張して撮影する

・顧客の魅力を引き出すカウンセリングをしてから撮影する

・教室・サロンバージョンと講師プロフィールの2カットを撮影する

・ヘアメイクをオプションで付ける

 

というように

 

ターゲットが求めることを先に提案することで

競合との差別化をはかれたり

自分がしたい仕事をつくっていくことができます

 

また、ヘアメイクなどを頼むときなども

目的やターゲットが明確であれば

ビジネスマッチングもしやすいでしょう。

 

いかがでしたか?

 

まずはターゲットと目的の2点を明確化して

周りの人に話したり

ホームページやSNSで発信するだけでも

営業が楽になるのを感じられると思います。

 

営業をするのが苦手な方も

気軽に試してみていただけるとうれしいです。

 


Recent Posts