暑い夏だから知っておきたい!簡単にできる3つの夏バテ予防策

 In ブログ

気象庁によると

 

 

「猛暑日」とは最高気温が35℃以上の日を指します。

 

 

今年は猛暑日続きですが

 

 

夏バテはしていませんか?

 

 

夏バテをすると身体がだるくなったり

 

食欲がなくなったりと

 

とても辛いですよね。

 

それに、夏バテだと思っていたら

 

 

実は熱中症だったということもあるので要注意です。

 

 

今回は、夏バテにならないための3つの予防策

 

「熱中症かも?」と思ったときの対策をお伝えします。

 

 

 

エアコンの温度は26~28℃に設定する

 

 

暑いからといって室温を26℃未満に設定すると

 

身体が熱を発散しにくくなります。

 

エアコンの風が直接当たらないようにして

 

室温は26~28℃になるように設定しましょう。

 

 

 

服装で調整する

 

 

室温28度で快適に過ごせるように提案されたのが

 

クール・ビズファッションです。

 

だけど、職場ではカジュアルな服装ができなかったり

 

室温28℃では汗をかいてしまうこともあります。

 

そこで注目したいのが素材です。

 

速乾性のあるポリエステルのインナー

 

綿や麻のシャツなど通気性がいい素材を選ぶだけで

 

体感温度がずいぶん変わりますよ。

 

 

 

・水分と栄養を十分にとる

 

 

夏バテを防止するためには

 

しっかり食べることが大事です。

 

そうめんやざるそばなど

 

あっさりとした麺類がおいしい季節ですが

 

栄養が偏ると体力が落ちてしまうんです……。

 

暑い時期だからこそ、

 

肉、魚でたんぱく質をとり

 

野菜や果物で、ミネラル、ビタミンを補給しましょう。

 

それから、こまめに水分補給をするのも忘れずに!

 

汗をかいているのに水分をとらずにいると

 

脱水症状を起こす恐れがあります。

 

なので、のどが渇く前に水分をとるのがポイント!

 

また、汗と一緒に体内のミネラルや塩分も失われるので

 

スポーツドリンクなどで補いましょう。

 

コーヒーやお茶などの利尿作用がある飲み物は

 

水分補給には向いていないのでほどほどに。

 

 

 

夏バテじゃなくて熱中症かも?と思ったら……

 

 

めまい、吐き気、頭痛、下痢などの症状が出たときは

 

熱中症の可能性があります。

 

そんなときは、ただちに涼しい場所に移動して

 

スポーツドリンクや経口補水液で水分補給を。

 

自分で水分補給ができないなど症状が重い場合は

 

すぐに救急車を呼びましょう。

 

いかがでしたか?

 

体温の調整がしやすい服装や室温で過ごし

 

栄養や水分をしっかりととるのが

 

夏バテ防止に有効です。

 

そのためにも

 

自分の身体の変化に敏感になり

 

早めに対策をとることが大事です。

 

まだまだ暑い日が続きそうなので

 

気をつけてお過ごしください。

 


Recent Posts