「人見知りさん」のためのコワーキングスペース活用術

 In ブログ

社会人としてひと通りのことはできるようになったけど

 

やっぱり初対面の人と話すのは苦手

 

 

だけど、新しい友達や仕事でのつながりが欲しい

 

 

会社員でもフリーランスでも

 

そんな風に感じている人は多いのではないでしょうか?

 
 

そこで、新たな人とのつながりを作る場として有効なのが

 

コワーキングスペースなのです。

 

今回は、人見知りをしてしまうという人のための

 

コワーキングスペースの活用術についてお伝えします。

 
 
 

挨拶→顔見知り→会話……と段階を踏んで仲良くなれる

 
 
 

コワーキングスペースのいいところは

 

何度も顔を合わせているうちに

 

自然に仲良くなれることです。

 
 

人見知りをしてしまう人にとって

 

初対面で自分のことを話したり

 

心を開いて相手を受け入れるというのは

 

ハードルが高いものですよね。

 
 

横のつながりが欲しいけれど

 

異業種交流会やビジネスマッチングが苦手という人には

 

少しずつお互いのことが知れる環境が合っています。

 
 

コワーキングスペースに入って目が合った人や

 

近くの席に座っている人には

 

自分から挨拶をしてみましょう。

 
 

ドリンクのサービスや休憩スペースがあれば

 

あえて同じタイミングで席を立って

 

ドリンクをいれながら話しかけてみるのも◎。

 
 
 

利用する時間帯を変えてみる

 
 

コワーキングスペースを利用する人は

 

フリーランスから会社員までバラバラです。

 
 

年齢も職業も違う人と出会うのは刺激的ですよね。

 
 

同じ時間帯で利用する人と顔見知りになったら

 

次はあえて違う時間帯に顔を出してみるのがおすすめです。

 
 

午前中はフリーランスや勉強で使っている人が多いけれど

 

18時以降は会社帰りの人がやってくるというように

 

コワーキングスペースを使っている人を観察してみましょう。

 
 

いつもとは違う時間帯に行ったときも

 

まずは顔見知りになるところから始めれば

 

だんだん仲良くなれそうですよね。

 
 
 

・イベントに参加してみる

 
 

コワーキングスペースでは

 

イベントやセミナーが開催されていることが多いので

 

気になるイベントに参加してみるのがおすすめです。

 
 

特に、会員を対象にした交流会やイベントでは

 

「会ったことはあるけど、話す勇気がない」という人とも

 

気軽に話せるチャンスです!

 
 
 

まとめ

 
 

「実は、人見知りです……」という人は案外多いものです。

 
 

だから、「自分だけじゃない」と思って

 

まずは挨拶から始めましょう

 
 

人見知りさん同士が仲良くなる秘訣は

 

何度も会うことです。

 
 

初対面で親しくなれなくてもチャンスはあるので

 

ゆるーいつながり作りを目指しましょう。

 


Recent Posts