手帳の買い替え時期がやってきた! 自分に合った手帳の見つけ方

 In ブログ

そろそろ新しい手帳が出始める時期になりました。

 

すでに切り替えているという人や

 

来年1月から新たな手帳を使うために

 

来年の手帳をチェックしている人も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は、これから手帳を買うという人のために

 

手帳を選ぶポイントをお伝えします。

 

マンスリーに書き込む量で手帳タイプを決める

 

カレンダーと同じ形式で

 

1ヶ月の予定が一目瞭然になっているページを

 

一般的にマンスリー(月間マンスリー)といいます。

 

このページが手帳選びの基本となります。

 

あまり仕事で外出をしない人や

 

手帳には必要最小限の予定を書きたいという人は

 

マンスリーと白紙のメモページのみの

 

シンプルな手帳がおすすめです。

 

1日のスケジュールを書き込めるバーチカル

 

打ち合わせや商談が多い人や

 

サロンや教室の予約表として使う場合は

 

バーチカルタイプが便利です。

 

バーチカルは縦軸が時間になっていて

 

1時間単位のスケジュールを書き込むことができます。

 

営業職や外で予定を確認する場合は

 

持ち運びに便利な文庫本サイズのB6や

 

教科書サイズのA5くらいの大きさが◎。

 

予約表などの持ち運ばない場合は

 

持ち運び用やプライベート用は

 

マンスリーだけの手帳を使うなど

 

使い分けをするのがおすすめです。

 

手帳1冊で済ませたい人は……

 

用途別にノートを作る人もいれば

 

1冊のノートにまとめる人もいますよね。

 

「何でも手帳に書き込みたい!」という人は

 

マンスリー+1日1ページタイプが合っています。

 

マンスリーに予定を書き込んでおけば

 

どの打ち合わせのメモなのかがすぐにわかりますよ。

 

また、その日にすべきことをリストアップしたり

 

「この日までに、こんな風になっていたい」という

 

未来日記として使うこともできます。

 

ただし、その場合はすべてを一緒にすると

 

ごちゃごちゃしてしまいがちなので

 

実際の予定と今後の目標や未来をイメージした内容は

 

わけておいた方がいいでしょう。

 

その他の使えるツール

 

残しておかなくてもいいTO DOリストは

 

ふせんを利用するのがおすすめです。

 

大きめのふせんにすべきことを書いて

 

手帳に貼っておきます。

 

できた項目は消していって

 

すべてできたらふせんをはがして捨てたり

 

別のノートに貼って記録しておくといいですね。

 

スマートフォンで予定を管理したり

 

Webカレンダーでクライアントや職場で

 

予定を共有している人もいると思います。

 

アナログな手帳は考えを整理するときに使い

 

スケジュール管理はデジタルで行うなど

 

使い勝手がいいようにわけるのが現代流。

 

今回紹介した手帳以外にも

 

さまざまなタイプやサイズが出ているので

 

自分に合った手帳を見つけて

 

新たな気持ちで来年を迎える準備をしましょう。


Recent Posts