3月3日桃の節句

 In ブログ

今日は3月3日ひな祭り・「桃の節句」ですね。

 

 

ひな祭りの起源は、古代中国で起こった「上巳節」にさかのぼります。

「上巳(じょうし)」とは旧暦3月の最初の巳の日こと。

のちに行事の日付が変動しないよう、

3月3日となりましたが、

もともとは女の子のお祭りではなく、

春を寿ぎ、無病息災を願う厄祓い行事だったのです。

 

上巳のころは季節の変わり目で、

災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、

古代中国では、この日に水辺で穢れを祓う習慣がありました。

この上巳節が遣唐使によって日本に伝えられると、

宮中行事として取り入れられ、

「上巳の祓い」として「曲水の宴」を催したり、

禊(みそぎ)の神事と結びつき、

紙や草で作った人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流したりするようになりました。

今でも一部地域でみられる「流し雛」は、この名残です。

 

平安時代ごろから、

宮中や貴族の子女の間で紙の人形で遊ぶままごと「雛遊び」が盛んになりました。

この遊びが上巳節と結びつき、

男女一対の「ひな人形」に子どもの幸せを託し、

ひな人形に厄を引き受けてもらい、

健やかな成長を願うようになりました。

 

やがてこれが武家社会に広がると、

5月5日の男の子の節供に対して、

3月3日が女の子の節供となり、

別名「桃の節句」として定着していきました。

桃の節句というのは、桃の開花期に重なるというだけでなく、

桃の木が邪気を祓う神聖な木と考えられていたからです。

 

 

「人形流し」の人形(ひとがた)は草、わら、紙などで作られていましたが、

人形(にんぎょう)作りの技術が発展し高級化してくるにつれ、

人形は流すものから飾るものへと変化していきました。

豪華な「ひな人形」を雛壇に飾るのが流行すると、

女の子が生まれたらひな人形を飾ることがみんなの憧れとなり、

「ひな祭り」として皆でお祝いをするようになったのです。

 

 

歴史をひも解くと、見慣れたお雛様も一層愛着がわきますね。

今日は、女性だけでなく男性も、

老若男女ご家族みなさんで幸せを願う一日になりますように!


Recent Posts