感動のヒューマンコメディドラマ『グリーンブック』

 In ブログ

みなさま、こんにちは.

先日のお休みに感動作と評判の映画『グリーンブック』を観てきました♪

期待以上のヒューマンドラマ&コメディで、
人種やセクシャリティの問題や差別といった重いテーマを扱っているにも関わらず、
主人公ふたり、全く正反対で内心反目しあっていたおじさんふたりが、
じわじわと心を通い合わせていく様子に胸が熱くなりました。

 

【ストーリー】
時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、
ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。
ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。
彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、
ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。
二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

 

 

 

この映画は、ジャマイカ系アメリカ人のクラシック及びジャズピアニストであるドン”ドクター”シャーリーと、
シャーリーの運転手兼ボディガードを務めたイタリア系アメリカ人の警備員トニー・ヴァレロンガによって
1962年に実際に行われた、アメリカ最南部を回るコンサートツアーにインスパイアされた伝記コメディ映画で、
シャーリーとヴァレロンガに対するインタビューや、
劇中にも登場したヴァレロンガが妻に宛てた手紙に基づき、
監督のファレルや、ヴァレロンガの息子であるニック・ヴァレロンガによって製作されています。

これが実話で、父親のトニーからずっと話を聞かされていた息子が、

父とドクター・シャーリーの死後に映画化したというのも驚きで感動です!

 

監督は『メリーに首ったけ』のピーター・ファレリー。
主演は『ロード・オブ・ザ・リング』のアラゴルン役がカッコ良かったヴィゴ・モーテンセン。
共演はマハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニら。

第91回アカデミー賞では作品賞など三部門で受賞しています。

本当におすすめです!

どうぞご覧になってください。

 

映画を楽しんだ後は、
ひとりで感動の余韻に浸ったり、
お友達とシェアしたり、
SNSで発信したりができるスペース

Blue+へどうぞ!

スタッフ一同心よりお待ちしております。


Recent Posts