脱・ポーカーフェイス! 6つの表情で信頼される人になる方法

 In ブログ

あなたは感情が表情に出やすいタイプですか?

 

 

初対面の人に会ったとき

 

「この仕事を決めたい!」というとき

 

「この人は苦手だな」と感じるとき・・・・・・

 

感情が顔に出るとマズイことって

 

ありますよね。

 

 

だからといって

 

いつもポーカーフェイスでは

 

何を考えているのか伝わらず

 

信用してもらえないこともあります。

 

 

 

今回は、ビジネスでプラスになる

 

表情の作り方についてお伝えします。

 

 

・表情は万国共通! 6つの基本感情とは?

 

心理学者のエクマンらは

 

複数の国で感情に関する調査を行いました。

 

 

先進国から奥地に住む民族まで

 

文化の違いにかかわらず

 

調査をした結果わかったのは

 

いくつかの感情を表す

 

顔の表情が共通している

 

ということでした。

 

 

その感情を「基本感情」といいます。

 

基本感情には6種類あり

 

悲しみ、怖れ、嫌悪

 

怒り、驚き、幸福感をさします。

 

 

・なぜ、人と話すときの表情がそんなに大切なのか?

 

 

人は目の前の相手が話す内容よりも

 

表情や目線、態度などから

 

相手の真意を読み取ろうとします。

 

 

特に、初対面では相手のことを知らないので

 

表情からその人の情報を集めようとするでしょう。

 

 

そこで気をつけたいのが

 

表情のクセです。

 

 

自分では気づいていない

 

表情のクセがあるからです。

 

 

相手の話を真剣に聴くあまり

 

眉間にしわが寄ることはありませんか?

 

これは、嫌悪や怒りの表情に分類されます。

 

 

そのような表情をされると

 

話す側は早めに会話を切り上げようとしたり

 

だんだんイライラしてきたりするので要注意です。

 

 

・表情グセを直し、信頼される表情を作る方法

 

同じように、驚きや同情(悲しみ)の表情が

 

クセになっている場合もあるので

 

電話をするときに鏡を見たり

 

動画を撮ったりして

 

自分の表情グセをチェックしましょう。

 

 

また、幸福感を表すためには

 

口角を上げるように心がけるといいですね。

 

 

口角を上げて笑顔を作るだけで

 

楽しい気分になってくるといわれています。

 

 

ですから、緊張しているときや

 

初対面の人と会う前に

 

鏡の前で笑顔の練習をするのがおすすめです。

 

 

感情は無意識に顔に出るものですが

 

「今、どんな表情をしているかな?」と

 

意識を向けることで

 

ある程度はコントロールできるようになります。

 

 

「どんな表情をすればいいんだろう?」

 

と迷ったときは

 

会話の内容や相手の表情に合わせるのが◯。

 

 

たとえば、悲しい話をしているときは

 

一緒に悲しい表情を浮かべ

 

楽しい話のときは笑顔を見せると

 

その場に一体感が生まれて

 

信頼関係を築きやすくなりますよ。

 

 

いろんな表情を見せると

 

あなたの魅力が相手に伝わるので

 

6つの表情を意識してみてくださいね!


Recent Posts