信頼関係作りに役立つ、「クイック・レスポンス」とは?

 In ブログ

クライアントから

 

仕事に関する質問のメールが届きました。

 

 

あなたは回答を準備してから返信をしますか?

 

それとも、とにかくすぐに返信をしますか?

 

 

今回は、まだ付き合いが浅いクライアントとの

 

信頼関係の築き方についてお伝えします。

 

 

 

・早く関係を作れるのは、コツコツ型? それとも感覚型?

 

信頼関係とは、一歩ずつ着実に築いていくものです。

 

地道にコツコツと信頼を積み重ねていくので

 

ある程度の時間がかかるといえます。

 

 

だけど、仕事でもプライベートでも

 

会ってすぐに意気投合したり

 

たくさんの人がいても印象深かったりして

 

関係作りに時間がかからないこともありますよね。

 

 

そんな感覚タイプの人は

 

確実さや誠実さを心がけることで

 

クライアントの信頼を得られそうです。

 

 

・コツコツ型に試してほしい! クイック・レスポンスとは?

 

 

時間をかけて信頼関係を築く

 

コツコツタイプの人に

 

試してもらいたいのは

 

「クイック・レスポンス」です。

 

 

 

人間は思いがけない出来事に遭遇したときにだけ

 

大きく感情が揺さぶられ、その経験を覚えているということが

 

アメリカの心理学者の研究で明らかになりました。

 

 

たとえば、クライアントからメールが届いたときに

 

相手が思わず、「早っ!」と言ってしまうくらいの

 

スピードで返信すれば

 

相手はあなたのことを覚えるでしょう。

 

 

 

もちろん、それができない状況で

 

無理に返信する必要はありませんが・・・・・・

 

できそうなときは

 

「すぐに調べて連絡します」とだけ返事をします。

 

これが、クイック・レスポンスです。

 

 

・クイック・レスポンスをする人が信頼される理由

 

また、素早く返信をするのは

 

相手を驚かせて、印象づけることだけが

 

目的ではありません。

 

 

アメリカのテキサス大学で

 

こんな実験が行われました。

 

 

実験協力者を世界各国から募り

 

いくつかのグループにわけて

 

新しいサービスを考えてもらいました。

 

 

その中で最も良いサービスを考えたグループは

 

メンバー間で最もメールを送り合う回数が多く

 

信頼関係も築けていたのです。

 

 

この結果から、顧客と多くのコミュニケーションをとることが

 

信頼関係作りと良いサービスを提供することにつながるといえます。

 

 

むろん、友達同士のような気軽なやりとりをするのは

 

考えものですが・・・・・・

 

いつもクライアントのことを第一に考えている

 

ということを行動で示せば

 

それほど時間をかけなくても

 

信頼関係を築けそうですね。

 

 

コツコツと仕事に取り組む確実性と

 

クイック・レスポンスのギャップで

 

印象深く、信頼される存在を目指しましょう!


Recent Posts