秋の食中毒に注意!!

 In ブログ

みなさん、こんにちは!

 

外の気温も1ヶ月前と比べるとだいぶ涼しくなってきましたね。

 

ですが、そんな運動会、行楽や催事ごとが多く、外で食事をされるのが多い秋にこそ食中毒に気を付けなければいけません!

 

食中毒のイメージとしては夏に発生件数が多いと思われがちですが、一番9月~10月の発生件数が一年の中で一番多いそうです( ..)φメモメモ

 

昼と夜の寒暖差が激しくなる時こそ、体調などに気をつかわなければいけません!

 

食中毒の主な原因としてなるのが細菌などウィルスですが、秋が旬となる食べ物のフグ、キノコなどにも注意しなければいけません!

 

そんな食中毒にならないためにも、 菌を「つけない、増やさない、菌をやっつける」ようにしましょう”(-“”-)”

 

料理をする前はもちろんのこと、残った食品などを触る前にも必ず手洗いをしましょう

 

また、菌は10℃以下で増殖が遅くなり、マイナス15℃以下では完全に菌が増えなくなるので生ものなどの食べ物は特に低温で保存することが大事です!

 

菌自体はマイナス15℃以下で増えなくなりますが、減りはしないので加熱することによって完全に菌を死滅させることが予防につながります!

さらにまな板や包丁などの調理器具も洗った後に熱湯をかけることにより殺菌することが可能ですね!(^^)!

 

どこから菌がやってくるのか目に見えるものではないので、日ごろからできる手洗いなどからしっかり予防していきましょう!

 

本日もBlue+は営業しております!

スタッフ一同お待ちしております。


Recent Posts