口ぐせに注意!? ピンチに強い人になる方法とは?

 In ブログ

予想外の出来事が起こったときに

 

自分でも気づいていなかった

 

「本当の自分」が顔を出すことがあります。

 

 

 

仕事でトラブルが起こったとき

 

あなたはどんな風に感じますか?

 

 

A.リスク管理ができていなかった

 

B.◯◯さんを信用して仕事を任せたのに・・・・・・

 

 

今回は、仕事がうまくいく人と

 

うまくいかない人の違いを解説します!

 

 

・ピンチに強いのは、自己完結型な人!?

 

Aを選んだ人は

 

トラブルが起こったときに

 

自分に責任があると考えるタイプです。

 

 

自分が◯◯していればトラブルは防げた

 

自分が◯◯しなかったのがダメだった

 

というように考えます。

 

 

一方、Bを選んだ人は

 

周囲の人に反応し、依存するタイプです。

 

空気が読めて、協調性があるのが長所ですが

 

人の意見に左右されたり

 

振り回されたりしがちです。

 

 

・「計画性」がトラブルを未然に防ぐ理由

 

自発的に物事に取り組む人の特徴は

 

事前に綿密な計画を立てるところです。

 

一方、受け身な人は

 

何かが起こった後に対応する傾向が

 

あるといわれています。

 

 

人に左右されやすい受け身なタイプは

 

「クライアントが◯◯だと言ったから」や

 

「運が悪かった」と言うことが多いようです。

 

 

これは、事前の準備よりも

 

事後対応しているからこそ

 

出てくる口ぐせだといえます。

 

 

 

それに対して、自発的に行動する人は

 

何かが起こったときに

 

自分の責任だと考えるので

 

トラブルを事前に予測して

 

準備に時間をかけます。

 

 

ですから

 

誰かのせいでうまくいかないときや

 

人に振り回されがちなときは

 

プロジェクトごとに計画表を作成して

 

自分の行動を書き込むのがおすすめです。

 

 

誰かに任せるのではなく

 

自分で行動することを心がければ

 

トラブルやミスが減りそうです。

 

 

 

 

・受け身な人を自発的に行動する人に変える方法

 

受け身なタイプは

 

周囲の人の反応を見てから動くので

 

行動が遅くなりがちです。

 

 

ただ、上司やクライアントからの指示に

 

実直に取り組むので

 

極端に信用を落とすことはないでしょう。

 

 

今までに経験したことがない状況でも

 

自発的に考えて行動するためには

 

同業者や異業種の人が経験した

 

過去のトラブルや失敗例を学ぶといいですね。

 

 

事前にシミュレーションをしておけば

 

同じようなトラブルが起こったときに

 

自発的に行動できるからです。

 

 

コワーキングスペースで勉強会を行うなど

 

いろんな業種、いろんな性格の人と

 

意見交換をするのがおすすめです!


Recent Posts