インフルエンザ流行シーズンに突入!感染を防ぐポイントは??

 In ブログ

みなさま、こんにちは٩(●˙▿˙●)۶

 

今朝の大阪は、気温が10度を下回り、冬らしい厳しい寒さとなりましたね!!

気温・湿度が下がって、本格的に風邪やインフルエンザが流行する時期となりましたね。

厚生労働省は11月15日にインフルエンザが流行シーズンに入ったと発表しました。

例年よりも早い時期の流行シーズン入りだそうです∑(・ ם・)

 

そこで今回は、インフルエンザの感染を防ぐ基本のポイントをご紹介しますι(`・-・´)/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ポイント①  正しい手洗い、うがい

・外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗う。

・ウイルスは石けんに弱いため、正しい方法で石けんを使う。

 

ポイント② ふだんの健康管理

・栄養バランスのよい食事を摂り、十分な睡眠時間を確保し、適度に運動をする。

・インフルエンザウイルスに負けない体を維持、増進するように心がける。

 

ポイント③予防接種を受ける

・予防接種を受けることで発病の可能性を減らすことができ、

最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できる。

 

ポイント④適度な湿度を保つ

・空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的。

 

ポイント⑤人混みや繁華街への外出を控える

・インフルエンザが流行してきたら、不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控える。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上がインフルエンザ感染を予防できる5つのポイントです!!

 

もし、急に38度以上の発熱が出て、咳やのどの痛み、

全身の倦怠感を伴うなどインフルエンザが疑われる症状が出た場合には、

早めに医療機関(内科や小児科など)を受診しましょう。

発熱12時間未満の場合、検査の結果が陽性にならないことがあるようなので

検査は発熱後12時間以上経過してから受けることを厚生労働省はおすすめしています。

 

私も基本的な予防はしっかりと行い、感染しないように心がけていこうと思います(*・ᴗ・*)و

みなさんも体調管理にお気を付けくださいね!

 


Recent Posts
トラブルが起こったら