テレワークの強い味方! ワークチェアの選び方とは?

 In ブログ

自宅で仕事をする時間が増えて

 

働く環境をもっと快適にしたい

 

と感じることはありませんか?

 

 

今回は、コロナ禍の中において

 

売上げが急上昇していると噂の

 

ワークチェアのススメをお伝えします!

 

 

・仕事用のチェアが必要な理由とは?

 

長い時間、机に向かってパソコンを操作したり

 

Web会議やセミナーの受講などをしたりすると

 

体に負担がかかってしまいます。

 

 

リビングテーブルはくつろぐ空間で使うことを

 

想定されて作られているので

 

長時間のパソコン作業などには向きません。

 

 

それに対して、ワークチェアの良いところは

 

イスが体を支えてくれるので

 

負担のかからない姿勢をとれる良さがあります。

 

 

・どこに負担がかかっているかチェックしてみる

 

長時間のデスクワークで感じる痛みと

 

その原因について解説していきます。

 

今の体の状態をセルフチェックしてみてくださいね。

 

 

イスに前かがみの状態で座ることで

 

腰に負担がかかり、腰痛を引き起こします。

 

 

ワークチェアは体を背もたれに預けられるので

 

負担が少ない正しい姿勢を保つことができます。

 

 

肩のコリや痛みの原因は

 

パソコン入力をするときに

 

肩の筋肉で腕をつり上げているためです。

 

机とイスの高さを調整し

 

アームレストを活用することで負担が減るでしょう。

 

 

イスの高さも重要で

 

低すぎるとおしりが痛くなります。

 

反対に、イスが高すぎるのは

 

冷えやむくみの原因になるといわれています。

 

 

ほかにも、パソコンの画面を見ようと

 

頭が前に出ることで首に負担がかかったり

 

長時間の作業で目が疲れたりします。

 

 

体の負担を減らすことは

 

健康と作業効率化につながるので

 

自分に合ったイスを見つけることが大切です。

 

 

 

・どれを選べばいい? ワークチェアの選び方

 

ワークチェアは座面の高さ、腰のサポート

 

アームレストの角度や高さなど、

 

座る人の体格や身長などに合わせて調整ができます。

 

また、仕事の内容によっても選ぶイスのタイプが違います。

 

パソコン操作をする場合でも

 

デスクトップとノートでは選ぶイスが違ってきます。

 

パソコンを使わず紙にペンで書く作業が多い人は

 

前傾姿勢での仕事をサポートしてくれる

 

タイプのワークチェアが合いそうです。

 

 

自分に合うワークチェアを見つけるためには

 

まずは座ってみるのが一番です。

 

 

ショップやショールーム以外にも

 

コワーキングスペースやカフェなどに

 

設置されていることがあります。

 

ドロップインでコワーキングスペースを利用して

 

自分に合うイスや机、高さを見つけるのもいいですね。

 

 

テレワークが増えた今だからこそ

 

快適に過ごせる環境作りをしたいですね。


Recent Posts