年収が高い人は孤独!? コロナ禍で感じる孤独と脱出法

 In ブログ

今日はクリスマスです。

 

とはいえ、今年はコロナの影響で

 

ちょっと寂しいクリスマスになりそうですね。

 

 

今回は、そんなコロナ禍の寂しさについてお伝えします。

 

 

 

・コロナストレス! 孤独を感じる年代とは?

 

新型コロナウィルスの影響で

 

生活がガラッと変わった今年。

 

旅行やレジャー、趣味が自由に楽しめなくなり

 

職場の人や友達、家族と会えない寂しさを

 

感じる1年になりました。

 

 

コロナの前と後で孤独の感じ方に

 

違いがあるかどうかを調査した結果

 

孤独感が増したという人は約40%だったそうです。

 

 

「孤独を感じますか?」という質問に対して

 

「毎日感じる」または「時々感じる」と回答した人の割合は

 

20代、30代が最も多く、それ以降は減少傾向にありました。

 

この結果から、年齢を重ねるほど孤独を感じにくくなる

 

ということがわかります。

 

 

・収入が高いほど、孤独を感じやすいって本当?

 

一方で、こんな調査結果もあります。

 

先ほどと同じように孤独を感じるかどうかを質問し

 

年収別に孤独を感じる割合を出したところ

 

年収が高い人ほど孤独を感じていました。

 

 

年収が300万円までの人の孤独を感じる割合は約45%

 

年収が600万円~900万円の人は約85%と

 

およそ2倍の違いがあったのです。

 

 

若くて年収が高い人もいますが

 

年齢と供に年収が上がっていくと考えると

 

先ほどの結果とは矛盾してしまいます。

 

 

一生懸命に仕事に取り組んで

 

成果をあげている人は華やかに見えます。

 

ですが実は孤独を感じている・・・・・・

 

ということなのかもしれません。

 

 

・年末年始を健やかに過ごすためには?

 

先ほどと同じ調査によると

 

年収が高い人ほど仕事の愚痴や悩みを外で話さない

 

ということもわかっています。

 

 

高収入な人は家族や親族にしか話さないのに対して

 

収入が下がるほど、家族や親族のほかにも

 

職場の人や職場以外の人に話す割合が高くなりました。

 

 

高収入の人に比べると収入額は劣るものの

 

職場の人と感情や悩みを共有して

 

十分にコミュニケーションがとれていて

 

社外の友達とも付き合いがあるので

 

うまくストレスを発散できていて

 

だからこそ孤独を感じにくいのだと考えられます。

 

 

人とのつながりやコミュニケーションを

 

あらためて見つめ直し、大切にする。

 

それが、年末年始を健やかに過ごす方法です。

 

 

今年は帰省や旅行が難しいですが

 

離れている家族とオンライン通話をする

 

しばらく会っていない友達に連絡をとる

 

職場の人や友達と新年の挨拶メールをするというように

 

積極的にコミュニケーションを

 

とってみるのはいかがでしょうか?


Recent Posts